トップページ > iPhone X > 4月以降にApp Storeへ申請されるアプリはiPhone Xに対応済みの必要有り
2018年2月16日 09時35分

読了まで 142

4月以降にApp Storeへ申請されるアプリはiPhone Xに対応済みの必要有り

アプリ app store


 
AppleはiOSアプリ開発者に向け、2018年4月以降に新たに申請されるアプリはiPhone XのSuper Retina ディスプレイに対応している必要があると告示しました。

「すべてがスクリーン。」の5.8インチ有機ELディスプレイへの対応迫る

最新デバイスのサポートに力を入れているAppleは、iOSアプリのiPhone Xへの対応に関してついに締め切りを設けました。
 
2018年4月以降にApp Storeへ新たに申請されるアプリはiOS11 SDKで作られる必要があり、iPhone XのSuper Rerinaディスプレイのサポートが原則化されました。
 
iPhone Xのディスプレイにアプリを対応させるということは、デザイン時にノッチ(切り欠き)部分を考慮しなければならないことを意味します。
 
Appleはデベロッパへの告示のなかで、Core ML、SiriKit、ARKitなど、iOS11で使用可能となる機能をずらりと並べ、新OSの魅力を伝えようと努めているようです。
 

app store

アプリのiPhone Xへの対応を求める告示


 
 
Source:9to5Mac
(lexi)

カテゴリ : iPhone X, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる