トップページ > 最新情報 > ノッチが薄型化したiPhone Xの後継機「iPhone XI」のコンセプト画像

読了まで 226

ノッチが薄型化したiPhone Xの後継機「iPhone XI」のコンセプト画像

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone XI コンセプトiDrop News
 
iPhone Xの後継機では、画面上部のノッチ(切り欠き)が小さくなり、やがて廃止されるのではないかとの噂に基づいた、iPhone Xの後継機「iPhone XI」のコンセプトデザインをiDrop Newsが公開しました。

iPhone Xの後継機ではノッチが消滅との噂も

iPhone Xは、ホームボタンを廃止し、本体前面すべてをディスプレイにしたデザイン、そして顔認識などに使用するTrueDepthカメラが収まるノッチが特徴です。
 
iPhone X Face ID TrueDepthカメラ
 
ノッチについては、使うと気にならないという声がある一方、動画再生などのアプリ使用時などに気になる、という声もあります。
 
そんなノッチは、2019年には消滅するのではないか、とも予測されています。

ノッチが小型化、背面カメラもフラット化した「iPhone XI」

iDrop Newsが公開した、iPhone Xの後継モデル「iPhone XI」のコンセプトデザインでは、ノッチ部分の厚みが薄くなっているほか、画面周囲のベゼルもやや細くなっています。
 
左がiPhone X、右が「iPhone XI」です。
 
iPhone XI コンセプトiDrop News
 
さらに、iPhone6以降のモデルで続いている背面カメラレンズの出っ張りがなくなり、フラットな表面を実現しています。
 
iPhone XI コンセプトiDrop News

表裏の両面をカバーするTrueDepthカメラ

また、iPhone Xのノッチに入っているTrueDepthカメラを、本体上部で表裏の両面にレンズを向けて配置することで、拡張現実(AR)など、より広い分野での活用が期待できます。
 
iPhone XI コンセプトiDrop News
 
TrueDepthカメラは、組み立てに高い精度が要求されるため、発売当初にiPhone Xが品薄になった原因とみられていますが、この方法ならTrueDepthカメラ1つで両面をカバー可能となります。

SIMカードを2枚挿せるデュアルSIM仕様

このほか、「iPhone XI」は、2枚のSIMカードを同時に挿入できるデュアルSIMトレイとなっています。
 
iPhone XI コンセプトiDrop News
 
デュアルSIMへの対応は、Apple関連の正確な情報で知られるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が2017年11月に予測しています
 
クオ氏は、2018年のiPhoneは3モデルが発売され、いずれもiPhone Xのようなフルディスプレイデザインで、5.8インチと6.5インチの有機EL(OLED)ディスプレイ搭載モデルと、低価格の6.1インチ液晶ディスプレイ搭載モデルという構成になる、との予測も発表しています。
 
「iPhone XI」は、あくまでも噂に基づいてデザインされたコンセプト画像ですが、iPhone X後継機のデザインに期待が高まります。

 
 
Source:iDrop News
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる