トップページ > 最新情報 > 2018年、iPhoneの本当のスーパーサイクルが来る〜KGI予測

読了まで 239

2018年、iPhoneの本当のスーパーサイクルが来る〜KGI予測

Twitter

Twitter

pocket

Pocket


 
中国でのiPhone X需要が予想を下回っているため、KGI証券が2018年上半期のiPhone Xの出荷台数予測を下方修正しました。しかし同社の名物アナリストは、今年発売が見込まれるiPhoneが中国需要を喚起し、Appleにとって「本当のスーパーサイクルが来る」との新たな予測を明らかにしました。

2018年前半の出荷台数予測を下方修正

Apple関連の予測では信頼性の高いKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏は、最新の調査報告書において次のように述べています。
 

当社は2018年第1四半期と第2四半期のiPhone Xの出荷台数予測を、それぞれ1,800万台、1,300万台へと引き下げた。これは多くの市場関係者が予測する2,000万〜3,000万台、1,500万〜2,000万台よりも低い数字だ。iPhone Xの生産は2018年中盤に終了し、累計出荷台数は我々の以前の予想である8,000万台を下回る約6,200万台になるだろう。

買い替えサイクルの長期化とノッチへの非対応アプリ

予想数字を引き下げた理由をクオ氏は2つ挙げています。ひとつはユーザーの買い替えサイクルの長期化です。2016年第4四半期には14〜16ヵ月だった買い替えまでの期間が、2017年第4四半期には24〜26ヵ月まで延びています。影響を受けたのはもちろんAppleだけではなく、クオ氏によれば中国のスマートフォンメーカーも2017年後期の出荷台数予測を軒並み引き下げていました。
 
2番目の理由は、iPhone Xの「ノッチ(切り欠き)」のあるデザインにあるようです。クオ氏によれば、中国のアプリはこのデザインに対応していないものが多く、そのためフルディスプレイが活かされず、5.5インチのiPhone Plusよりも狭い範囲でしか表示されないという状況がしばしば起きています。その結果、高額なiPhone Xへの買い替え需要が低迷した、とクオ氏は分析しています。
 
しかしクオ氏は、今年発売される次期iPhoneによって、iPhoneの「本当のスーパーサイクル」が来る、と述べています。

2018年のiPhone出荷台数は5〜10%増

クオ氏は以前から、2018年に発売されるiPhoneは、有機EL(OLED)を搭載する5.8インチモデル(現行のiPhone Xと同じサイズ)と「iPhone X Plus」ともいわれる6.5インチモデル、そして液晶搭載の6.1インチモデルの3モデル構成となると予測しています。クオ氏の予想では、3モデルともにノッチのあるフルディスプレイ、TrueDepthカメラを搭載する見通しです。
 
クオ氏は、6.5インチOLED搭載iPhoneと6.1インチLCD搭載iPhoneが中国におけるAppleのiPhoneシェアを拡大し、650〜750ドル(約7.2万〜8.3万円)の価格設定となる見通しの6.1インチLCD搭載iPhoneは、世界中にフルスクリーンと3Dセンサー搭載iPhoneを広める、と見ています。
 
そのため、2018年前半の出荷台数予測を引き下げたものの、通年では対前年比で5〜10%増の成長率になるというのがクオ氏の見通しで、この数字は5%減〜5%増というスマートフォン全体の出荷台数予測を上回っています。

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

カテゴリ : 最新情報, iPhone X  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる