トップページ > iPhone X > iPhoneがすぐに再起動してしまう不具合 12月2日未明より報告多数
2017年12月2日 10時54分

読了まで 21

iPhoneがすぐに再起動してしまう不具合 12月2日未明より報告多数

iPhone

 

12月2日未明からTwitterなどでiPhoneが再起動を繰り返すトラブルが多数報告されています。Twitterなどで共有されている情報から推測すると、特定のアプリをインストールしている端末日付が12月2日になると発生する不具合のようです。

 

【追記】 Appleはこの不具合を修正するアップデート(iOS 11.2)を実施しています。

対象アプリは多数

Twitter上では再起動を繰り返す不具合の原因として特定のアプリ名が書き込まれていますが、対象となるアプリは多数あるようです。まだ原因ははっきりしませんが、通知処理やログイン処理などにiPhoneの時刻を利用するアプリがインストールされていると再起動を繰り返す場合があるようです。

 

 

またAppleの時計アプリにも不具合が出ているとの情報も多くあり、iPhone内部での時間が2017年12月2日となった時点で何らかの不具合が発生したと考えられます。

日付、時刻を変更

現時点で原因がはっきりしないため、明確な対処法はありません。ただTwitterではiPhoneの時刻(日付)を手動で2017年12月2日以前に戻すことで再起動しなくなったという報告が多くあります。また一旦全てのアプリの通知を切るなどので対処できるとの報告もあります。かなり大規模な不具合なのでAppleはiOSのアップデートを含む何らかの対策を早急に実施することになるでしょう。それまでは時計を戻して一時的に対処するしかないかもしれません。
 
 
Source:ITmedia
(KAZ)

カテゴリ : iPhone X, iPhone8, iPhone8 Plus, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる