トップページ > 最新情報 > Apple、コンゴ領域における紛争鉱物不使用度ランキングにおいて20企業中トップに
2017年11月17日 22時48分

読了まで 224

Apple、コンゴ領域における紛争鉱物不使用度ランキングにおいて20企業中トップに

紛争鉱物
 
コンゴ領域で採掘される鉱物を最も使用する家電とジュエリー小売業において、株式時価総額の高いトップ企業20社の「紛争鉱物不使用度」ランキングがEnough Projectによって発表され、Appleが122点を獲得し見事1位に輝きました。

紛争鉱物が多いコンゴ領域

電子機器に使用されるスズ、タングステン、タンタル、金などの鉱物は、コンゴ民主共和国を中心とする領域において多く採掘されます。コンゴ領域ではこれらの鉱物が紛争の資金源になるケースが確認されており、近年テック企業の指針として、紛争行為の資金源にならないコンフリクト・フリー(紛争鉱物不使用)の原材料を使用する取り組みがさかんに行なわれています。
 
米ワシントンD.C.拠点のNPOであるEnough Projectは、スズ、タングステン、タンタル、金の4種類のコンゴ領域原産の鉱物が最も使用される家電とジュエリー小売の株式時価総額トップ20企業を対象に、紛争鉱物不使用度の格付けを行ないました。
 
その結果、Appleは120満点中114点、プラス8点のエキストラクレジットを獲得し、総合122点で見事1位に輝きました。エキストラクレジットは①使用する鉱物が国立公園から採取されていない②Conflict-Free Smelte Program (CFSP) Initial Audit Fundに金銭的貢献を行っているという2点から、与えられる得点です。
 
Appleは、先月にもGreenpeaceの「電子機器のグリーン調達評価」で2位を獲得するなど、環境および人権への配慮に力を入れています。
 
紛争鉱物不使用度ランキングの20企業すべてのポイントは以下で確認することができます。
 
紛争鉱物
 

家電産業

企業名 ポイント(120満点中)
Apple 122
Alphabet(Google) 102.5
HP 76
Microsoft 73
Intel 72.5
パナソニック 42.5
IBM 42
ソニー 33.5
Samsung 17.5
東芝 9

 

ジュエリー小売

企業名 ポイント(120満点中)
Signet 66.5
Tifany 60
JCPenney 20
Target 20
Macy’s 19.5
Costco 7.5
Helzberg Diamonds 5
Sears 2.5
Walmart 2.5
Neiman Marcus 0

 
 
Source:Enough Project
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ :

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる