2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、iOS11.2ベータで「SiriKit for HomePod」を導入

    homepod-siri-interact

    homepod-siri-interact
     
    Appleは現地時間10月30日に開発者向けに公開したiOS11.2ベータ1に、「SiriKit for HomePod」を追加したと発表しました。開発者に対し、SiriKitを使って12月発売のHomePodの機能をアプリで試すよう促しています。

    ヘッドフォンを使った実験を推奨

    SiriKitそのものはiOS10とともに発表され、その後iOS11ではメモやリマインダー、QRコードの表示などの新機能に対応しています。
     
    今回のSiriKit for HomePodの発表により、開発者はHomePodをアクセスポイントとし、iPhoneやiPad上のアプリにコマンドが送れるようになります。
     
    現時点では直接HomePodを使ったテストを行うことはできません。そのためAppleは開発者に対し、ヘッドフォンとiPhoneまたはiPadを使って試すよう推奨しています。以下はAppleの開発者向けページで公開されている文面です。

    優れたSiriによって、ユーザーは自然な語りかけでHomePodをコントロールし、SiriKitメッセージやリスト、メモをサポートするiOSアプリにアクセスすることができます。
     
    SiriはHomePod上でのSiriKitのリクエストを認識し、これらのリクエストをユーザーのiOSデバイスに送ります。アプリの準備に取りかかる前に、まずSiriKitが最新版かどうかを確認し、必要な対応を行なってください。
     
    iOS11.2ベータを搭載したiOSデバイスにヘッドフォンをつなぎ、Siriを使って音声のみでの操作を試してください。

    HomePodは12月発売

    HomePodで試せないため、実際にどのように機能するのかは想像の域を出ませんが、Amazon Echoなど競合他社の類似製品とのコマンドの違いはわかるだろう、と米メディア9to5Macは述べています。
     
    HomePodは6月の世界開発者会議(WWDC 17)で発表され、12月にまずアメリカ、イギリス、オーストラリアで349ドル(約3.9万円)で発売されます。
     
     
    Source:Apple,9to5Mac
    (lunatic)

     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次