トップページ > AirPods > 【iOS11】AirPodsダブルタップ時の動作を左右個別に設定する
2017年10月19日 02時36分

読了まで 245

【iOS11】AirPodsダブルタップ時の動作を左右個別に設定する

iOS11で、AirPodsのダブルタップ時の動作を左右個別で設定したい

A.

Appleが手がけた完全ワイヤレスイヤホンAirPodsでは、本体をダブルタップすることでSiriを呼び出すことなどが可能です。iOS10までは左右個別には設定できず、設定できる動作も限られていましたが、iOS11では左右別々に異なる動作を設定できるようになりました。

iOS11でAirPodsのダブルタップ動作を設定する手順

かんたんステップ

3ステップ
約5分
  • STEP1

    「設定」→「Bluetooth」

  • STEP2

    「AirPods」の設定

  • STEP3

    「左」「右」にそれぞれ動作設定

1
設定アプリから、AirPodsの設定を開く
iOS11 使い方 AirPods 設定

  • ホーム画面から「設定」を起動し、「Bluetooth」をタップします
  •  

    iOS11 使い方 AirPods 設定

  • 自分のデバイス一覧から、「AirPods」の項目を探し、項目右端にある「i」ボタンをタップします
  •  

    2
    AirPodsの各設定を確認・変更する
  • AirPodsの設定画面が表示されます。iOS10からは大きな変更はありませんが、ダブルタップ時の動作を左右個別に設定できるようになったほか、再生中の楽曲の前後の曲への切り替えができるようになりました
  • この設定画面はAirPodsとの接続中のみ表示されるため、AirPodsと接続状態でないと詳細設定が表示されません。設定を行う際はiPhoneの近くにAirPodsを近づけて接続状態にしましょう
  • iOS11 使い方 AirPods 設定 iOS11 使い方 AirPods 設定

     

    ダブルタップ時の動作の設定

     

    iOS11 使い方 AirPods 設定

  • ダブルタップ時の動作を設定するには、AIRPODをダブルタップの項目にある「左」「右」それぞれ個別に設定します。設定したい項目をタップします
  •  

  • 左右それぞれに設定できる動作は同じです。「Siri」はSiriの呼び出し、「再生/一時停止」はダブルタップで音楽再生と一時停止の切り替え、「次のトラック」は再生している曲の次の曲、「前のトラック」は前の曲に変更します。「オフ」はダブルタップ時になにもしない、という設定になります
  • 現在設定している機能・動作にはチェックマークが入ります。設定したい動作をタップしてチェックマークが入れば設定完了です
  • iOS11 使い方 AirPods 設定 iOS11 使い方 AirPods 設定

     

    AirPodsの表示名の変更

     

    iOS11 使い方 AirPods 設定

  • AirPodsの表示名は初期設定では「AirPods」または「(デバイス名)のAirPods」となりますが、自由に変更可能です
  •  

    自動耳検出の設定

     

    iOS11 使い方 AirPods 設定

  • 「自動耳検出」をオンにしていると、例えばiPhoneで音楽視聴中の場合は、AirPodsを耳に装着した瞬間に自動で判別してAirPodsからの出力に切り替えます。そしてまたAirPodsを耳からはずすと、iPhoneでの再生に自動で切り替える機能です。オンにするとこの機能を有効にします
  •  

    AirPodsのマイクの設定

     

    iOS11 使い方 AirPods 設定

  • マイクの設定では、左右どちらのAirPodのマイクを使うかを設定できます。デフォルトでは自動的に切り替える設定となっていますが、常に左または右を使う設定へ変更可能です
  •  


    カテゴリ : AirPods, iOS, 最新情報  タグ : , ,

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる