ありそうでなかった!AirPodsを充電できるiPhoneケース「PodCase」

    iphone ケース airpods podcase

    iphone ケース airpods podcase
     
    AirPodsがさらに便利になりそうです。コード要らずのAirPodsはもともと、一度の充電で5時間の楽曲再生が可能です。さらに2時間ほどで充電が完了し、ケースを持ち歩けば最大で24時間の再生ができます。しかし、ケースを常備しなければいけないのは、やはりBluetoothイヤホンの泣き所でしょう。この欠点を解消するのが、AirPodsが充電できるiPhoneケース「PodCase」です。

    純正ケースに比べ約10倍の再生が可能

    どこか加熱式タバコ「IQOS(アイコス)」を彷彿とさせるような、コンパクトにまとまった黒いiPhoneケースにぴったりと収まるのが、AirPodsです。
     
    iphone ケース airpods podcase
     
    PodCase」自体がバッテリーを搭載しているため、普段持ち歩くiPhoneに「収納」すれば、AirPodsの充電が始まります。バッテリーの容量は2,500mAhあるので、実にAirPodsを40回も充電できてしまう計算(iPhone7であれば1回)です。これによってAirPodsの再生時間は、一挙に200時間へと伸びることになります。

    ケースと一体化するから携行性もバツグン

    もちろん、バッテリー内蔵ケースと一体化するメリットは、再生時間が伸びることだけではありません。例えば、iPhoneに着信があったら、ポケットからひょっこり顔を出しているケースからAirPodsを取り外して耳に付けるだけです。
     
    iphone ケース airpods podcase
     
    また、充電ポートがUSB Type-C(USB-C)であるため、最新のMacBook用のケーブルに接続して充電することも可能です。
     
    iphone ケース airpods podcase
     
    「PodCase」によって、AirPodsが単なるiPhoneのアクセサリーではなく、iPhoneの「一部分」へと昇華しているのは明らかで、むしろAppleがなぜ純正ケースとして販売しなかったのか、不思議に思えてくるほどでしょう。
     
    現在はiPhone7/7 Plus向けのみの発売ですが、次期iPhone(iPhone X(8)/iPhone7s/7s Plus)バージョンの展開も今後は予定されています。先行募集はクラウドファンディングサイトのKickstarterで行われており、今なら79ドル(約8,800円)を払えば、2018年2月には手元に到着する予定です。
     

     
     
    Source:Kickstarter via Cult of Mac
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次