トップページ > iPhone8 > iPhone8の顔認証は数百万分の1秒でユーザーを識別可能か
2017年8月22日 00時08分

読了まで 153

iPhone8の顔認証は数百万分の1秒でユーザーを識別可能か

3d顔認証 mac


 
スマートフォンを顔と水平になるよう手で持ち上げて、インカメラに向かってにこやかに笑顔をみせながら数秒間待つ――幸いにもそんなシーンがiPhone8で訪れることはなさそうです。iPhone8に搭載予定の顔認証技術は、一瞬でユーザーの顔を識別できるようです。

数百万分の1秒でユーザーを識別

韓国メディアThe Korea Heraldの報道によると、iPhone8の3D顔認証(Face ID)は「数百万分の1秒で」ユーザーの顔を識別することができるとのことです。すでに同技術を採用しているGalaxy S8は「0.01秒未満でアンロックに至る」と言われており、次世代スマートフォンの顔認証はストレスフリーなものとなりそうです。
 
これまでにも、iPhone8の顔認証技術については様々な観測が登場しており、端末を水平に置いた状態や、赤外線を用いることで暗がりでも認証が行えるのではないか、と期待されていまs.

Touch IDは存続か引退か

すでにHomePodのファームウェア解析によって、顔認証機能が支払いに用いられたり、サードパーティアプリに解放されたりすることが分かっており、同技術がAppleのなかで、これまで広く使われてきた指紋認証(Touch ID)に比類する重要な技術と位置づけられていることは間違いありません。
 
しかし、Touch IDがiPhone8で消失するかどうかは依然として不明のままです。執筆段階では、ディスプレイ内への埋め込みに失敗したことでTouch IDはなくなるとの見方が一般的ですが、一方で一部のデベロッパーによって、Touch IDが電源ボタンへ移行する手がかりも発見されています。
 
 
Source:The Korea Herald,威锋网
(kihachi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる