次世代Apple Watchは10月~12月に出荷開始?台湾メディア報道

    watchOS3 Apple Watch

    watchOS3 Apple Watch

     
    Apple Watch Series 3」になると見込まれる次世代Apple Watchが、今年の10月~12月の間に出荷が開始されるようだ、とApple Watchの製造を担当するサプライヤーQuanta Computerの決算に関連して台湾メディアDigiTimesが報じています。

    次世代Apple Watchが2017年10月~12月に出荷開始か

    Apple Watch Series 3の製造を請け負っているとみられる台湾のQuanta Computerが、現地時間8月14日に2017年第2四半期の決算を発表しました。DigiTimesは、2017年第4四半期(10~12月)に次世代Apple Watchの出荷が開始されるため、Quantaは収益が上向くだろう、との見通しを報じています。
     
    Quantaは、2014年の初代Apple Watchから組み立てを担当し、2016年秋発売のApple Watch Series 2の組み立ては独占受注しており、Apple Watch Series 3も同社が1社で担当すると見られています。

    Apple Watch Series 3はデザイン刷新、単体LTE通信に対応か

    Apple Watch Series 3は、デザインが刷新されるほか、単体でLTE通信が可能になると予測されています。
     
    また、次世代OSであるwatch OS 4は、フィットネス機能が強化されスキーにも対応するほか、新作のフェイスが利用可能になり、アプリをアイコンではなくリスト方式で表示・選択することも可能です。

     
     
    Source:DigiTimes, iDownloadBlog
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次