au、下り最大590Mbpsの高速通信を提供開始 5月16日から

    auロゴ

    auロゴ
     
    KDDIは、4G LTEとWiMAX 2+を組み合わせるキャリアアグリゲーションを強化し、2017年5月16日より、下り最大590Mbpsの高速通信を提供することを発表しました。東京都、愛知県、大阪府の一部エリアより順次利用できます。

    提供開始当初は東京、愛知、大阪の一部エリアから順次対応

    KDDIグループのUQコミュニケーションズが提供するWiMAX 2+では、データの送信側と受信側のアンテナの数を従来の倍にすることで通信速度を高速化する「4×4 MIMO」と、キャリアアグリゲーション技術で同時利用することで、下り最大440Mbpsに対応しました。
     
    今回発表された下り最大590Mbpsは、WiMAX 2+の下り最大440Mbpsと、au 4G LTEの下り最大150Mbpsを組み合わせて実現する仕組みです。
     
    下り最大590Mbpsには、5月16日に配信予定のソフトウェアアップデートを適用したWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」が対応するほか、今後発売するauのスマートフォンの一部でも対応予定です。
     
    開始当初は東京都、愛知県、大阪府の一部エリアより提供し、下り最大440MbpsのWiMAX 2+とau 4G LTEの両方に対応する基地局より順次対応となります。対象エリアなどの詳細は、近日中にauホームページにて案内予定です。
     
     
    Source:KDDI via ケータイwatch
    (asm)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    前職は新聞社の校閲記者。経験を活かし2013年からライター、2016年から編集記者として活動中。iPhone歴は3GS→5s→6s Plus→X→11 Pro Max→12 Pro→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次