トップページ > 最新情報 > Apple、ソフトバンクの投資ファンドへの約1,200億円の出資計画を正式に認める!
2017年1月5日 08時16分

読了まで 138

Apple、ソフトバンクの投資ファンドへの約1,200億円の出資計画を正式に認める!

Apple ソフトバンク ロゴ


 

Appleが、ソフトバンクが設立する投資ファンドに、10億ドル(約1,200億円)の出資する計画があることを認めた、とWall Street Journalが報じています。次世代技術の開発を促進したい考えです。

ソフトバンクの12兆円投資ファンドにAppleが出資

ソフトバンクは、2016年10月にサウジアラビアの政府系投資機関と提携、最大1,000億ドル(約12兆円)規模でテクノロジー分野に投資する投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の設立を発表していました。
 
昨年12月中旬、Appleがこの投資ファンドに出資する方向で協議している、とReutersが報じていた計画を、Appleが正式に認めました。

将来のiPhoneにつながる技術も?

Appleはファンドへの出資の効果として、各種技術の開発が促進されることを期待する旨のコメントを発表しています。

 
Appleは、将来の製品やサービスのために、人工知能自動運転技術などの分野で研究開発を進めています。今回の出資により、将来のiPhoneに搭載される技術の開発も加速することが期待できそうです。
 
 
Source:The Wall Street Journal
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる