Apple、「iPhone6sが突然シャットダウンする不具合」の修理プログラムを発表

    iphone6s 修理プログラム

    スマートフォン フリー素材
     
    Appleは19日、突然iPhoneがシャットダウンしてしまう不具合に対する修理プログラムを実施すると発表しました。対象端末はiPhone6sとなります。

    対象端末であれば無償でバッテリー交換

    新たに発表された修理プログラムは、iPhone6sのごく限られた端末で、予告なくシャットダウンしてしまうという不具合についてです。2015年9〜10月に製造されたiPhone6sが対象端末となっています。
     
    該当ユーザーは、Apple StoreかApple正規サービスプロバイダに対象端末を持ち込めば、バッテリーを無償交換してもらえます。ただし、かなり限られた端末であると強調されており、プログラムが適用されるかどうかを確かめるため、シリアルナンバーの確認が行われるようです。
     
    iphone6s 修理プログラム
     
    また、画面割れなどの他の破損が生じている場合は、それらが修復されるまで、修理プログラムが適用されないので注意が必要です。
     
    なお、今回のものとは別に、Appleは数日前にもディスプレイをタッチしても無反応となる「タッチ病」に関する修理プログラムを発表したばかりです。プログラムの対象端末がiPhone6 Plusに限られているうえに有償修理とあって、カナダやアメリカではユーザーによって、Appleに対して集団訴訟の準備が進められています。
     
     
    Source:Apple via 9to5Mac
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次