2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iOSに比べてAndroidでアプリがアンインストールされやすい理由

    アンインストール アプリ android ios

    アンインストール アプリ android ios
     
    Android端末ではiOSよりもアプリが2倍の頻度でアンインストールされやすいという調査結果が登場しています。

    ゲームやショッピングアプリでの差が顕著

    AppsFlyerが2016年9~10月にかけて、2,000万以上ものデバイスから500のアプリを調査しました。その結果分かったことは、平均して3割のアプリが結局はアンインストールされてしまうという事実です。
     
    またOS別では、Androidでのアプリのアンインストール率がiOSの2倍であることも分かりました。特にゲームアプリではその差が激しく、iOSが13%だったのに対し、Androidは43%にものぼります。また、ショッピングアプリでもAndroidが21%、iOSが9%と、全体的にAndroidの高いアンインストール率が目立ちました。

    アプリの質や端末の性能に差

    それにしても、一体なぜAndroidのアプリ・アンインストール率がiOSを大幅に上回っているのでしょうか。
     
    調査を手がけたAppsFlyerは、Android端末のストレージがiPhoneやiPadなどのiOS端末に比べて低いからではないか、と仮定しています。また、アプリの質やデバイスの性能も関係しているようです。
     
    ただし別の調査では、アプリのクラッシュ率について、iOSがAndroidより圧倒的に高いとする結果も出ています。
     
     
    Source:Phone Arena,Android Authority
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次