2016年11月17日 17時23分

読了まで 159

恐怖!格安Androidスマホの罠~中国へ個人情報を定期的に無断送信

blu adups 個人情報 監視 中国


 
Amazonなどで人気を博している一部の格安スマートフォンで、ユーザーの許可なしに、入力したテキストメッセージをのサーバーへ定期的に送信する仕様が隠されていたことが分かりました。

これは脆弱性ではない

「これは脆弱性などではない。機能だ」と警告を発するのは、企業のKryptowireです。このソフトウェアを埋め込まれたスマートフォンは、テキストメッセージのほか、ユーザーの位置情報、通話記録など、あらゆる個人情報を中国にあるサーバーへ72時間毎に送信します。
 
一体なぜこのようなソフトウェアがスマートフォンに許可なく搭載されているのか――監視かそれとも広告目的か――は定かではありませんが、同ソフトウェアを開発している中国のAdupsは、HuaweiやZTEなどのメジャーなスマートフォンベンダーにもを提供する企業です。

アメリカ向けの仕様ではないと弁解

今のところは、アメリカに関して言えば、格安スマートフォン企業BLUの12,000台のスマートフォンへの搭載が発覚しています。BLUは報道を受けて、ただちに声明を発表、製品から当該アプリの削除を行うとともに、すでに「R1 HD」や「Energy X Plus 2」といった対象スマートフォンを手にしたユーザーにもアンインストールを推奨しています。
 
一方、当のAdupsは「アメリカのスマートフォンに向けたものではない」とし、「他のクライアントから要求のあった、ジャンクテキストや迷惑電話にフラグをつけるファームウェアが、うっかりBLUの製品にも適用されてしまっただけ」などと弁解しています。
 
2013年にも、製アプリで同様の欠陥をHTC製スマートフォンが有していたことが問題となりましたが、今回の問題はプレインストールアプリが個人情報を無断送信していたという点で、はるかに深刻と言えそうです。
 
 
Source:THE VERGE
(kihachi)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる