トップページ > iOS > Apple、App Storeから10月のみで47,300のiOSアプリを削除
2016年11月16日 10時09分

読了まで 152

Apple、App Storeから10月のみで47,300のiOSアプリを削除

iOS App Store
 
Appleは9月に、放置されたままになっているアプリをApp Storeから削除する方針を発表、9月7日より整理に着手しましたが、10月には4万7,300ものアプリを削除したことがわかりました。

10月にアプリ整理が本格化

Appleはこれまでも定期的にアップデートされていない古いアプリの削除を行ってきました。9月には削除方針を徹底する旨を発表、整理に着手したものの、審査に時間が必要だったためか、それほど多くのアプリは削除されませんでした。
 
しかし10月になって、一気に大掃除が進んだようです。アプリ解析を行なうSensor Towerのデータによれば、10月のみで4万7,300ものアプリがApp Storeから削除されました。これは2016年1月から9月までの月平均の削除数1万4,000の約3.4倍です。
 
ジャンル別に見ると、iOSアプリの中でももっとも数が多く、人気の高い「ゲーム」アプリの削除数が圧倒的に多くなっています。削除された計4万7,300のアプリのうち、約28%がゲームアプリでした。エンターテインメント(8.99%)、書籍(8.96%)、教育(7%)、ライフスタイル(6%)の削除数は、ゲームと比べるとかなり少数です。
 
App removed from App Store

一掃プロセスはしばらく続く

アプリ解析企業Adjustの以前の調べによれば、App Storeにあるアプリのほぼ半数が2015年5月からアップデートされておらず、25.6%については2013年11月からアップデートされていないことがわかっています。
 
従ってApp Storeの一掃プロセスはまだ途中であり、当面継続すると考えていいでしょう。
 
 
Source:TechCrunch
(lunatic)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる