トップページ > Mac > MacBook Pro、2017年には32GB RAM搭載機が登場〜KGI予測
2016年11月1日 20時55分

読了まで 20

MacBook Pro、2017年には32GB RAM搭載機が登場〜KGI予測

MacBook Pro(late-2016)
 
Appleは先日MacBook Pro(late-2016)を発表したばかりですが、すでに来年発表のモデルに目を向けているようです。

来年後半には現行MacBook Proが値下げか

Apple関連情報の正確さに定評のあるKGI証券のミンチー・クオ氏が投資家らに配布したメモによると、Appleは来年に向けて、すでにMacBook Proシリーズの値下げとハードウェアのアップデートを考えている模様です。
 
クオ氏は、Appleが新しいMacBookをリリースする際、最初は高額でスタートして徐々に値下げをしていく傾向にあるとし、このたび発表されたMacBook Proについても、来年第2四半期には値下げを行なうだろうと予測しています。
 
またUSB-CとTouch Barが浸透するため、MacBook Pro(late-2016)への買い替え需要も増えると見ています。

2017年には32GB RAM搭載機が登場

さらにクオ氏は、2017年後半には32GB RAMを搭載したMacBook Proが登場するとの予想を明らかにしました。ただしこのタイミングで32GB版が登場するかどうかは、Intelの「Cannonlake」プロセッサのリリース時期によるとのことです。
 
クオ氏によれば、CannonlakeプロセッサはLPDDR4規格に対応、現行プロセッサおよびメモリよりも消費電力が15〜25%削減できるため、さらに大容量のメモリを搭載できるのだそうです。Cannonlakeが間に合わない場合、AppleはLPDDR3規格対応のCoffeelakeプロセッサを採用するため、32GBではなく16GBのままとなる、とクオ氏は述べています。
 
Appleのフィル・シラー上級副社長は今回発表されたMacBook Proの最大メモリ容量が16GBになったことについて、電力消費量が理由であることを明かしています
 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる