トップページ > Mac > MacBook ProのTouch Bar、Apple Watchのシステムを活用
2016年10月29日 13時17分

読了まで 156

MacBook ProのTouch Bar、Apple Watchのシステムを活用

macbook pro touch bar
 
MacBook Proより、これまでキーボード上部にあったファンクションキーが小型ディスプレイのTouch Barへと替わっています。このTouch Barが「ミニApple Watch」とでも呼べるものであることが明らかとなりました。

MacBook ProにwatchOS?

開発者のスティーブン・スミス氏によると、MacBook ProのTouch Barには「T1」という特殊なチップが搭載されていますが、これは初代Apple Watchの「S1」を改変したもので、Touch Barで動いているのはApple Watch向けのwatchOSなのだとか。
 
もちろん、Touch Barは25MBのRAMしか積んでいないため、Apple Watchと同じことが楽しめるわけではありません。しかし、ハードウェアのブートやコントロールのほか、Touch IDセンサーやFaceTimeカメラを制御するのは「T1」の役目です。また、マシンの電源がオフになっても理論上、Touch Barは低電力で稼働し続けることが可能なので、大幅なセキュリティ面での向上が見込めます。

かつてMicrosoftが失敗したこと

macbook pro touch bar
 
またスミス氏は、Appleがすでに開発者向けにTouch IDのAPIを開放していると明かしたうえで、今後はTouch IDに対応したアプリが次々と出てくるだろう、と述べます。すでに複数の「ビッグネーム」がリリースの準備を進めている状況なのだとか。
 
将来的には、iPhoneに搭載されている「A~」シリーズのような高性能チップの搭載も期待されており、ニュースサイトTHE VERGEは「かつてMicrosoftがSideShowで失敗したことを、Appleがやってのけるのではないか」とみています。
 
 
Source:THE VERGE
(kihachi)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる