2016年10月29日 13時17分

読了まで 156

MacBook ProのTouch Bar、Apple Watchのシステムを活用

macbook pro touch bar


 
より、これまでキーボード上部にあったファンクションキーが小型ディスプレイのTouch Barへと替わっています。このTouch Barが「ミニ」とでも呼べるものであることが明らかとなりました。

MacBook ProにwatchOS?

開発者のスティーブン・スミス氏によると、 ProのTouch Barには「T1」という特殊なチップが搭載されていますが、これは初代 Watchの「S1」を改変したもので、Touch Barで動いているのはApple Watch向けのwatchOSなのだとか。
 
もちろん、Touch Barは25MBのRAMしか積んでいないため、Apple Watchと同じことが楽しめるわけではありません。しかし、ハードウェアのブートやコントロールのほか、Touch IDセンサーやFaceTimeカメラを制御するのは「T1」の役目です。また、マシンの電源がオフになっても理論上、Touch Barは低電力で稼働し続けることが可能なので、大幅なセキュリティ面での向上が見込めます。

かつてMicrosoftが失敗したこと

macbook pro touch bar
 
またスミス氏は、Appleがすでに開発者向けにTouch IDのAPIを開放していると明かしたうえで、今後はTouch IDに対応したアプリが次々と出てくるだろう、と述べます。すでに複数の「ビッグネーム」がリリースの準備を進めている状況なのだとか。
 
将来的には、に搭載されている「A~」シリーズのような高性能チップの搭載も期待されており、ニュースサイトTHE VERGEは「かつてMicrosoftがSideShowで失敗したことを、Appleがやってのけるのではないか」とみています。
 
 
Source:THE VERGE
(kihachi)

カテゴリ : Mac, 最新情報   タグ : , , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる