トップページ > 最新情報 > 【解説】Apple Watch Series 2での「Apple Pay」利用準備
2016年10月25日 10時44分

読了まで 926

【解説】Apple Watch Series 2での「Apple Pay」利用準備

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
 
10月25日未明に配信されたiOS10.1、watchOS3.1により、いよいよApple Payの日本でのサービスが開始されました。JR東日本もApple Payの特設ページをオープンしています。
 
筆者はiPhone6s PlusとApple Watch Series 2ユーザーなので、Apple WatchでSuicaを利用するために、Apple Payの初期設定をしてみました。
 
iPhoneをiOS10.1にアップデート
Apple WatchをwatchOS3.1にアップデート
iPhone:Safariの設定に「Apple Payの確認」が出現
iPhone:「Wallet」アプリにApple Payのカードを追加
iPhone:ストアから「Suica」アプリをダウンロードする
iPhone:「Suica」アプリでSuicaを発行してみる
iPhone/Apple Watch:「WalletとApple Pay」の設定が追加
Apple Watch:Suicaの設定を確認してみる

iPhoneをiOS10.1にアップデート

きょう午前2時ごろに配信されたiOS10.1では、Apple Pay関連の新機能のほか、iPhone7 Plus限定ですがポートレートカメラ機能が追加されました。また安定性の改善、問題の修正なども盛り込まれています。
 
「設定」アプリの「一般」へ進み、「ソフトウェアアップデート」を選びます。アップデートについての詳細は「詳しい情報」で確認できます。「ダウンロードとインストール」をタップしてインストール作業に移ります。
 
Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
 
アップデートが完了するとiPhoneが再起動され、いくつかの設定を行う画面になります。今回のアップデート作業では、Apple IDのパスワードを要求されたあと、2ファクタ認証を有効にする設定と続きました。
 

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定 Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

 
電話番号の確認のあと、iCloud設定がアップデートされ、iPhoneの設定が完了しました。
 

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定 Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

Apple WatchをwatchOS3.1にアップデート

そしてApple Watch向けに配信されたwatchOS3.1のアップデート作業も行いました。
 
iPhoneの「Watch」アプリを起動してペアリング済みのApple Watchを選び、「ソフトウェア・アップデート」を選択します。こちらも「詳しい情報」でアップデート内容が確認できます。「ダウンロードとインストール」でインストールを進めます。
 

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定 Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
 
Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

 
インストールの際に、利用条件としてwatchOSのソフトウェア使用許諾契約のほかに、Apple Pay追加事項やAppleからの通知についてなどが表示されます。一通り目を通して「同意する」で進みます。
 

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定 Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

 
なおwatchOSのアップデートをインストールするには、50%以上充電されていることと、同じWi-Fi通信圏内にペアリングしたiPhoneがあることが条件となります。

iPhone:Safariの設定に「Apple Payの確認」が出現

変更箇所を確認するべく、設定アプリを眺めていると、設定>Safariの項目に「Apple Payの確認」という新項目が追加されていました。デフォルトでオン(緑)になっています。
 

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定 Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

 
「Safariとプライバシーについて」をタップすると、iPhoneやiPad、Apple WatchでApple Payを利用するときの注意点や仕組みなどが表示されます。
 

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

iPhone:「Wallet」アプリにApple Payのカードを追加

Apple Payを利用するには、標準アプリの「Wallet」を使用します。Walletアプリを起動して、Apple Payの項目の「カードを追加」を選び、「次へ」をタップします。
 

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定 Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

 
筆者が所有しているクレジットカードは、銀行系のVisaカードと、ショッピングサイト系のJCBカード、そして関西圏の交通ICカードであるPiTaPa(MasterCard)の3枚です。登録の際はクレジットカードの番号が読み取れるようにカメラ画面を合わせるだけでOKです。
 
登録できるか試してみたところ、Visaは「このカードはiPhoneの新機種でのみ利用できる」、JCBは「このカードはApple Payに使用できない」というメッセージが表示されました。
 

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定 Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

 
「このカードは使用できない」のウィンドウで「確認」を押したところ、日本のカード会社から発行されているApple Payに使用できるクレジットカード、プリペイドカードの一覧が表示されました。
 

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定 Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

 

Apple Pay対応のクレジットカード、プリペイドカード

青森銀行*、秋田銀行*、秋田国際カード*、秋田ジェーシービーカード、足利銀行*、あしぎんカード*、阿波銀カード*、イオンフィナンシャルサービス、池田泉州JCB、池田泉州VC*、出光クレジット*、伊予銀行*、NTTドコモ(d-cardクレジットカード)、愛媛ジェーシービー、FFGカード*、大分カード*、おきぎんジェーシービー、オリエントコーポレーション、鹿児島カード*、関西クレジット・サービス*、九州カード*、九州しんきんカード*、紀陽カード*、京銀カードサービス*、京都銀行*、共立クレジット*、きらやかカード*、近畿しんきんカード*、クレディセゾン、群銀カード*、群馬銀行*、京葉銀カード*、KDDI(au WALLET クレジットカード)、ごうぎんクレジット*、高知カード*、佐賀銀行*、札幌北洋カード*、山陰合同銀行*、ジェーシービー、しがぎんジェーシービー、四国銀行*、四国しんきんカード*、静岡銀行*、静銀セゾンカード*、七十七カード*、清水リース&カード*、十八カード*、十六カード*、商工中金カード*、荘内銀行*、常陽銀行*、常陽クレジット*、しんきんカード*、スルガカード*、セブン・カードサービス*、セブンCSカードサービス*、ソフトバンク・ペイメント・サービス、たいこうカード*、第四銀行*、第四ジェーシービーカード、大東クレジットサービス*、大和ハウスフィナンシャル*、髙島屋クレジット*、但馬銀行*、筑邦銀行*、千葉銀行*、ちばぎんジェーシービーカード、中銀カード(JCBカードのみ対応)、中国銀行*、中国しんきんカード*、中部しんきんカード*、筑波銀行*、東京クレジットサービス*、東京都民銀行*、道銀カード*、東邦カード*、東邦銀行*、東邦クレジットサービス*、東北ジェーシービーカード、東北しんきんカード*、とちぎんカード・サービス*、とみんカード*、トモニカード*、トヨタファイナンス、とりぎんカードサービス*、名古屋カード*、南都カードサービス*、西日本ジェーシービーカード、東日本銀ジェーシービーカード、東日本旅客鉄道株式会社、肥銀カード*、百十四銀行*、ビューカード、ひろぎんカードサービス*、広島銀行*、フィデアカード*、福井カード*、福井銀行*、福岡銀行*、ペルソナ*、北越カード*、北都銀行*、北洋銀行*、北陸カード*、北國銀行*、北国クレジットサービス*、三重銀カード*、三井住友カード、三井住友銀行*、三井住友トラスト・カード*、三菱UFJニコス(UFJ JCBカードのみ対応)、みなとカード*、宮銀カード*、むさしのカード*、もみじカード*、八千代クレジットサービス*、やまぎんカード*、やまぎんカードサービス*、山口銀行*、ゆうちょ銀行(JCBカードのみ対応)、ユーシーカード(クレディ・セゾンカードのみ対応)、横浜銀行*、楽天カード、りそなカード*
 
*…次のクレジットカードは対応していません:MUFGカード、DCカード、UCカード、American Expressカード

 
PiTaPaは問題なく読み込めたので、カードの有効期限とセキュリティーコードを入力し「次へ」。
 
Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
 
Apple Payの利用規定が表示されます。これは連携させるカード会社によって文章が異なると思いますが、利用にあたり、一通り目を通して「同意する」で進みます。
 
Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
 
ここまで入力した情報がクレジットカード会社に照会されます。無事認証が完了すると、Apple Payで利用する際の認証方法の選択画面が表示されます。筆者は電話番号にショートメッセージが送られてくるSMSを選択しました。
 

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定 Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

 
SMSに認証コードが送られてくるので、次のカード認証画面の認証コード欄に入力します。
 
Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
 
正しい認証コードが入力できると、アクティベートが完了します。追加されたクレジットカードはWalletアプリに登録されます。
 

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定 Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

iPhone:ストアから「Suica」アプリをダウンロードする

午前3時ごろにApp Storeで「Suica」と検索してもヒットしなかったのですが、同7時すぎに確認したところ、JR東日本(East Japan Railway Company)がリリースした「Suica」アプリを確認できました。iPhoneおよびApple WatchでSuicaを利用するにはこのアプリが必要となります。
 
Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
 
なお、App Storeの検索で、単純に「Suica」と入力しても上の方には表示されませんでした。「Suica Apple Pay」と検索すると、設定に必要な「Suica」アプリのみが表示されます。
 
あるいは以下のアプリリンクからも直接「Suica」アプリのダウンロードページに飛ぶことができます。
 

Apple Pay Apple Watch iPhoneSuica
カテゴリ:ファイナンス
現在の価格: 無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 

iPhone:「Suica」アプリでSuicaを発行してみる

筆者は関西在住でPiTaPaカードを利用していたため、Suicaは持っていません。そこで、「Suica」アプリを使ってSuicaを発行してみました。アプリを起動し、「Suica発行」を押します。
 
Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
 
Suicaには、無記名で発行できる「Suicaカード」と、記名して発行する「My Suica」があります。違いは、Suicaの発行時に氏名や生年月日、性別等の個人情報を登録するかしないかです。記名式は個人情報を登録することで、登録した本人しか利用できないのですが、無記名のSuicaでは、複数人でカードを共有できるという仕組みになっています。
 
そして大きな違いとなるのが、記名式Suicaの場合は、例えば紛失した際などに登録情報をもとに再発行できます。そのほか記名式SuicaユーザーであればSuicaポイントクラブに加入できるというメリットもあります。
 
筆者はとりあえずSuicaを発行したかったので、無記名を選びました。すでにSuicaカードを持っている場合は「Suicaカードの取り込み」から登録できます。
 
Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
 
定期券やグリーン券、新幹線のきっぷなどの購入・払い戻しには会員登録が必要なことなど、注意事項が表示されます。確認して「次へ」をタップすると同意の確認画面が表示されるので、「同意する」を押します。
 

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定 Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

 
Suicaの新規発行には入金(チャージ)が必要となります。Apple Payに登録した対応クレジットカードでチャージできるのですが、新規発行の際のチャージは1,000円からとなっています。
 

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定 Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

 
チャージ額を選ぶと、支払い方法にApple Payのボタンが出現しました。このボタンをタップすると、Apple Payに登録したクレジットカードが下部に表示され、使用カードとチャージ額を確認し、Touch ID(指紋認証)を使ってその場でチャージできます。
 

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定 Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

 
指紋認証が完了すると完了表示となり、次の画面ではSuicaの残高とともに、ペアリングしているApple Watchでも利用できる旨が表示されました。
 

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定 Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

 
「次へ」で進むと、今度はJR東日本のICカード乗車券取扱規則が表示されます。一通り目を通して「同意する」で進みます。
 
Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
 
以上の手順で、無記名式Suicaの新規発行と最初のチャージが完了しました。また、同時にTouch IDやパスコード不要でSuicaを使える「エクスプレスカード」の設定も完了しました。
 

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

 

  • エクスプレスカード
  • Suicaをエクスプレスカードに設定していれば、iPhone7/7 PlusやApple Watch Series 2を交通機関の改札機にかざすだけで利用できます。端末のスリープやロックを解除する必要もなく、通る際にアプリを起動するなどの動作も必要ありません。
     
    エクスプレスカードを設定していない場合は、改札を通る際にはiPhoneのTouch IDで認証する必要があります。Apple Watch Series 2の場合はサイドボタンを2回押してSuicaを選択してかざします。これらの手間を省くには、エクスプレスカードに設定しておいたほうがいいでしょう。

    iPhone/Apple Watch:「WalletとApple Pay」の設定が追加

    iPhoneの設定アプリを起動すると、iCloudの項目のあたりに、新たに「WalletとApple Pay」の項目が追加されました。
     
    Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
     
    この設定項目では、登録済みのApple Pay対応カードの確認や、ロック中のアクセスの許可、Macでの支払許可などが設定できます。
     
    Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
     
    またiPhoneのWatchアプリにも、同様に「WalletとApple Pay」の項目が追加されました。
     
    Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
     
    Watchアプリの同設定項目では、Apple Watchで利用設定を終えたSuicaカードと残高、Macでの支払許可設定などが表示されます。
     

    Apple Pay Apple Watch iPhone 設定 Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

     
    iPhone上のほかのカードに表示されているのが、先ほどiPhoneで設定したApple Pay対応クレジットカードなのですが、クレジットカード項目の右端にある「追加」をタップすると、Apple Watchにこのクレジットカードの情報を反映することができます。
     
    カードのセキュリティコードを入力して設定を進めると、Apple Payの利用規定が表示されます。一通り目を通して「同意する」をタップします。
     

    Apple Pay Apple Watch iPhone 設定 Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

     
    これでApple WatchのWalletに、Apple Pay対応クレジットカード情報が反映されました。
     

    Apple Pay Apple Watch iPhone 設定 Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

    Apple Watch:Suicaの使い方をチェックする

    Apple WatchのWalletに追加することで、Apple Watch上でSuicaの残高チャージが可能になります。Apple WatchのWalletを起動し、Suicaをタップすると、リーダーにかざして支払いを行う、または残高の確認やチャージが行えます。
     
    Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
     
    店頭でApple PayのSuicaを利用して支払う場合は、Suicaをタップ>サイドボタンをダブルクリックすると、以下のような準備完了画面が表示されます。
     
    Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
     
    そしてApple Watch上での残高チャージは、Apple Pay対応クレジットカードをApple Watchにも反映していれば行えるのですが、対応クレジットカードがApple WatchのWalletに登録されていないと、以下のようにエラーメッセージが表示されます。
     
    Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
     
    対応クレジットカードが登録されていると、チャージをタップした際に以下のような画面が表示されます。マイナス/プラスボタンでチャージ額を増減でき、チャージ可能金額は、100円~19,000円となっています。チャージ前の残高とあわせて合計20,000円までと思われます。チャージ額を決めたら「チャージ」ボタンを押します。
     
    Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
     
    チャージ額を確認し、サイドボタンをダブルクリックするとその場でチャージができます。Suicaを利用する際、iPhoneやApple Watchで残高を確認し、もし足りないようでもその場でチャージできるのは便利ですね!
     
    Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
     
    Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
     
     
    以上が、iPhone6s PlusとApple Watch Series 2の組み合わせで、Suicaを持っていない場合のApple Pay利用準備手順でした。別の記事にて、実際にApple WatchのApple PayでSuicaを利用してみたレポートをお届けできればと思います!
     
     
    Source:Apple [1],[2], JR東日本 Apple Pay特設ページ
    (asm)

    Twitter

    Twitter

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる