2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、米AT&TによるTime Warner買収交渉の行方を「見守る」

    Apple TV

    Apple TV
     
    Appleが、CNNなどを傘下に持つ大手メディア企業Time Warnerと米通信大手AT&Tの買収交渉の行方を注視しているようです。

    以前からTime Warnerの買収計画が報じられていたApple

    Apple TV用の独占コンテンツを増やしたいAppleは、Time Warnerの買収を計画したものの交渉がまとまらなかった、と報じられています。
     
    しかし、今年7月、Appleのエデュー・キュー上級副社長が「いかなるスタジオも買収するつもりはない」と明確に否定していました。
     
    しかし、キュー氏は現地時間10月20日に「現在のテレビのインターフェイスは刷新されなくてはならない」と発言して注目を集めていました。

    近日中にまとまる買収交渉を見守るApple

    現在、Time Warnerに対しては、AT&Tによる買収交渉が進んでおり、早ければ近日中にもまとまると報じられていますが、Appleがこの交渉に強い関心を持っているようだ、と米Wall Street Journal紙が報じています。
     

    Appleは交渉の行方に強い関心を持っているようですが、現段階では「見守る」以外にできないようだ、と報じられています。

     
     
    Source:The Wall Street Journal via MarRumors
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次