トップページ > 最新情報 > Apple、北京に続き深圳にも!2017年に研究開発センター新設
2016年10月12日 15時47分

読了まで 142

Apple、北京に続き深圳にも!2017年に研究開発センター新設

img6c0b840b679e42622783637


 
Appleは現地時間10月11日、2017年に中国・深圳の南部に研究開発センターをオープンすることを明らかにしました。

発表の場にはFoxconnのCEOも同席

Shenzhen Economic Dailyによれば、ティム・クック最高経営責任者(CEO)が現地で地元政府の代表者と会談した席において、新設計画を発表した模様です。
 
会談には、Appleの主要サプライヤーであるFoxconnのテリー・ゴウCEOも同席していました。

北京に引き続き中国にR&Dセンター建設

研究開発センターの新設により、中国のサプライヤーとの関係をより緊密にするとともに、地元の有能なソフトウェア開発者を採用したい、とクックCEOはコメントしています。
 
AppleInsiderによれば、AppleはFoxconnなどのサプライヤーを通じて、深圳においてすでに10万人以上を雇用しているとのことです。
 
Appleは9月末、北京にも中国初の研究開発センターを建設する計画を発表しており、中国国内で着々と力をつけ、iPhoneのシェアを奪っているHuaweiやOPPO、Vivoなどの地元メーカーに、戦いを挑む構えを見せています。
 
 
Source:Reuters via AppleInsider
Photo:Shenzhen Economic Daily
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる