トップページ > 最新情報 > 格安SIMの利用率は14.7%、一番人気は楽天モバイル
2016年10月6日 22時11分

読了まで 220

格安SIMの利用率は14.7%、一番人気は楽天モバイル

iPhone SIM フリー素材
 
MMD研究所が、2016年9月26日〜10月3日の期間、15歳〜69歳の男女35,161人を対象に「2016年9月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施した結果を発表しています。

格安SIMサービスの利用者は14.7%

調査によると、35,161人中、格安SIMサービスを利用していると回答したのは14.7%(5,171人)でした。2016年3月にMMD研究所が実施した調査では、格安SIMの利用者は11.5%だったので、半年間で3.2ポイント増えていることになります。
 
格安SIM MMD
 
また格安SIMサービス利用者5,171人に、メインで利用している格安SIMサービスを尋ねたところ、利用率がもっとも高かったのは「楽天モバイル」で20.7%、次が「OCNモバイルONE」で13.5%、3位が「IIJmio」で9.2%でした。
 
今年3月時点では16.4%のOCNモバイルONEに次いで15.9%で2位だった楽天モバイルが、今回の9月の調査では逆転して首位にたち、しかも2位のOCNモバイルとかなりの差をつけています。
 
MMD 格安SIM

契約プランは音声が53.8%、データが46.2%

MMD 格安SIM
 
格安SIMサービス利用者5,171人に、メインで利用している格安SIMサービスの契約プランを尋ねたところ、音声通話プランが53.8%、データ通信プランが46.2%でした。
 
また契約プラン別に利用している格安SIMサービスを見ると、音声通話プラン契約者(2,782人)でもっとも利用率が高かったのが楽天モバイルで27.8%でした。mineoの10.0%、OCNモバイルONEの9.4%がそのあとに続いています。
 
一方データ通信プラン契約者(2,389人)では、OCNモバイルONEが18.3%ともっとも高く、楽天モバイルが12.3%、IIJmioが10.3%でした。
 
MMD 格安SIM
 
MMD 格安SIM

デバイス別利用ではAndroidスマートフォンがトップ

格安SIMサービス利用者5,171人に、格安SIMをメインで利用しているデバイスを尋ねたところ、Androidスマートフォンが52.8%でもっとも高く、次がiPhoneで27.2%と、利用者の8割がスマートフォンで利用していることがわかりました。
 
デバイス別にどの格安SIMサービスを利用しているかを見ると、Androidスマホ、iPhone、その他のユーザーでは楽天モバイル、タブレット、モバイルルーターのユーザーではOCNモバイルONEの利用率がもっとも高いという結果となりました。
 
MMD 格安SIM
 
MMD 格安SIM
 
 
Source:MMD研究所
(lunatic)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる