2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone8は前面・背面がガラスのiPhone4スタイルに〜KGI予測

    iPhone7 ジェットブラック フリー素材

    iPhone7 ジェットブラック フリー素材
     
    Apple関連製品の予測の正確さで定評のあるKGI証券のミン-チ・クオ氏が、2017年の発売が見込まれる次期iPhoneについて、フロントと背面がガラス、フレームは別素材の「iPhone4/4s」スタイルになる、との予想を発表しました。

    iPhone8はガラス製に

    クオ氏はこの予想の理由について、iPhone7のジェットブラック人気で、光沢のあるグロッシーな仕上がりが人気と判明したものの、ガラスのほうが同様の外観を実現しやすいうえに、傷もつきにくいから、としています。
     
    クオ氏によれば、予約の段階で世界全体では30〜35%、中国では40〜45%がジェットブラックであったとのことです。
     
    そしてもうひとつの理由が、アルミ素材を特殊加工したジェットブラックの製造の難しさです。ジェットブラックの高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工を経ていますが、現時点での歩留まりは60〜70%程度と非常に低いといわれています。

    曲面ガラスは採用しない?

    クオ氏はこれまでiPhone8(便宜上、こう記します)について、全面がガラスで覆われるとの予想を打ち出していました。しかし今回、曲面ガラスを使って全面を覆うのではなく、フレームには別の素材を用いるという予想に方向転換したのは、曲面ガラスが落下時の衝撃に弱いため、と述べています。
     
    こうした理由から、iPhone8は前面と背面がガラス製、フレーム部分はステンレススティールかアルミ製(Plusはステンレス製)になるというのがクオ氏の予測です。
     
    さらにクオ氏は、現行の4.7インチ、5.5インチだけでなく、さらに大型の5.8インチが登場するとの大胆予想も明らかにしています。
     
    クオ氏の予想が正しければ、次のiPhoneのデザインはiPhone4/4sに逆戻りすることになりますが、クオ氏は縁取り部分のメタル素材が違うこと、ベゼルが薄いこと(iPhone4/4sと比べ)、また白と黒しかなかったiPhone4/4sとは異なり、カラー展開が見込まれることなど、かなり違ったものになると述べています。
     
     
    Source:9to5Mac
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次