トップページ > 最新情報 > 週間人気記事Top5!iPhone7からノイズ?ジェットブラックは傷つきやすい?など

読了まで 257

週間人気記事Top5!iPhone7からノイズ?ジェットブラックは傷つきやすい?など

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone Mania今週の人気記事TOP5
 
2016年9月17日から23日の期間、iPhone Maniaで公開された記事の中から、特に人気の高かった記事をランキング形式でご紹介します。人気記事トップは、どの記事でしょうか。
 

5位!
専門家が絶賛!iPhone7の「圧倒的に優れた」ディスプレイ

iPhone7で撮影 壁紙
 
5位は、「専門家が絶賛!iPhone7の「圧倒的に優れた」ディスプレイ」でした。
 
発売からきょうで10日となりますが、予約開始日に予約完了したのにまだ入手できていない人も多いほど品薄状態が続いているiPhone7。このiPhone7に採用されているRetina HDディスプレイは、従来のものより25%明るく、広色域となっています。
 
ディスプレイの検証・品質評価を行っている専門家が、このディスプレイについて、「これまでに検証したモバイル液晶ディスプレイのなかで、圧倒的に優れた性能」だと評価しました。その理由とは?詳しい解説は記事へ。

4位!
一部のiPhone7で「ノイズが聞こえる」「発熱している」問題が発生

iPhone7/7 Plus
 
4位は、「一部のiPhone7で「ノイズが聞こえる」「発熱している」問題が発生」でした。
 
iPhone7の不具合についてのニュースです。すでに入手したiPhone7/7 Plusユーザーの一部からは、ファンを回しているようなノイズが聞こえる、またすぐに発熱するなどと不満の声が上がっています。
 
このノイズ問題についてハードウェアが原因とする見方があり、ソフトウェアアップデートでは対処できない可能性が浮上しています。

3位!
どれにする?iPhone7/7 Plusのケースをまとめて紹介

クリアブック
 
3位は、「どれにする?iPhone7/7 Plusのケースをまとめて紹介」でした。
 
Android端末のようにホーム画面を拡張性高くカスタマイズできないiPhoneでは、ケースなどの周辺機器で個性を出す人も多いです。先日も人気テレビ番組「マツコの知らない世界」でスマホケース特集が放送されるなど、日本だけで5万種類を超えるというスマホケースには、手頃な価格で買えるものから端末代金より高いものまでさまざま。
 
3位にランクインしたこちらの記事では、オーソドックスなクリアケースや手帳型からオリジナルケースまで、iPhone7/7 Plusで使えるケースをまとめました。

2位!
【実験動画】iPhone7のジェットブラックは本当に傷つきやすいのか?

iPhone7 ジェットブラック 傷 実験
 
2位は、「【実験動画】iPhone7のジェットブラックは本当に傷つきやすいのか?」でした。
 
5色のカラーバリエーションで展開するiPhone7/7 Plusで、一番人気なのが新色のジェットブラックです。ピアノのような光沢のある黒色が特徴ですが、指紋が目立ちやすいことやキズがつきやすいことなどのデメリットも挙げられています。どれぐらいキズがつきやすいのか?ジェットブラックを入手したYouTuberが検証しています。

1位!
iOS10のスクリーンショットを無音化する新裏技が話題!

iOS10 SS 無音
 
1位は、「iOS10のスクリーンショットを無音化する新裏技が話題!」でした。
 
iOS9以前までで使えたスクリーンショット撮影時のシャッター音を出なくする技が、iOS10では使用できませんでした。しかしiOS10でも無音化できると話題になっているのが、Assistive Touchを使った方法です。
 
無音にしたいときと戻したいときはスイッチひとつで切り替え可能、設定も難しくありません。iOS10.0.2でも引き続き利用できることが確認されています。詳しい設定方法は記事へ。

 
 
いかがでしたか?iPhone Maniaでは、今後も密度の濃い情報を分かりやすく、より早くお伝えしていきますので、お楽しみに!
 
 

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる