トップページ > iPhone7 > iPhone7対7 Plus対決!普段使いなら1GBメモリの差はない
2016年9月20日 14時47分

読了まで 210

iPhone7対7 Plus対決!普段使いなら1GBメモリの差はない

RAM test iphone7/7plus
 
iPhone7iPhone7 Plusは、液晶画面の大きさ、カメラのほか、もうひとつの大きな違いが搭載しているRAMの容量です。9to5Macが、この1GBの差がどれだけ影響するのか、実験動画を公開しています。

iPhoneとしては最大容量メモリを搭載

iPhone7 PlusはiPhoneとしては最大の3GBのRAMを搭載しており、iOS端末すべての中でも、4GBのRAMを搭載する12.9インチ版iPad Proに次ぐ容量です。
 
iPhone7 Plusだけわざわざ1GB多いRAMを積んだのは、デュアルカメラ搭載のためと思われますが、本当のところはAppleに聞いてみないとわかりません。

Safariで実験

では1GBメモリが多いと、たとえばSafariを使う際に大きな差が出るのでしょうか。9to5Macによれば、1GB RAMのiPhone5sと2GB RAMのiPhone SEでは大きな差がありました。
 
そこで9to5Macでは、iPhone7の2GBとiPhone7 Plusの3GBでどれだけ違いがあるかを見るため、Safariの同じタブを同じ順番で24個開いておき、それを開いたのとは逆の順番でリロードして、どのくらい時間がかかるかをチェックしました。メモリに残っていないページのリロードに、どれだけかかるかを確認するためです。
 
これは非常に非科学的な方法だ、と9to5Macは繰り返し断りを入れていますが、日常使いで違いが感じられるほど差があるなら、このテストでも十分確認できるはずです。

両モデルにほとんど差はない

動画を見ていただければ一目瞭然ですが、拍子抜けするほどまったく差がないことに驚かされます。RAMの容量の違いでiPhone7ではなくiPhone7 Plusを選ぶ人がいるとは思えませんが、少なくともこの2モデルの間では、普段使用する分には処理速度の違いを感じることはほとんどなさそうです。
 

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる