トップページ > AirPods > AirPodsを紛失したり盗まれたりした場合、一体どうなるのか
2016年9月10日 13時06分

読了まで 141

AirPodsを紛失したり盗まれたりした場合、一体どうなるのか

airpods


 
「恐竜時代からの前進」とApple幹部が口にするなど、次世代Bluetooth型イヤホンとして注目を集めるAirPodsですが、もし盗まれたり片方だけ落とした場合はどうなるのでしょうか。ふとした疑問がAppleユーザーの間で大きな注目を集めています。

もしなくしてしまったら

仮に紛失しても、iPhoneの場合はiCloudから「iPhoneを探す」で位置情報を特定できますが、AirPodsにはGPSが搭載されていないため、見つけ出すのは困難です。また、傍目には無防備に耳に引っ掛けているだけなので、電車に乗っている最中にいきなりひったくられる…というシーンもあるかも知れません。
 
airpods
 
そんな疑問をニュースサイトBusiness InsiderがAppleにぶつけてみたところ、残念ながら保証や特別対応は特に用意していないとのこと。紛失したり盗まれたりした場合には、新しいものを買う必要があるそうです。
 
ただし、朗報もあります。もし片方だけがなくなってしまった時は、なくした側だけを販売してくれます(その場合の価格は明らかとなっていません)。いつかTouch IDやGPSが搭載される日まで、16,800円(税別)のAirPodsは慎重に取り扱う必要がありそうですね。
 
 
Source:Business Insider
(kihachi)

カテゴリ : AirPods, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる