トップページ > 最新情報 > 次期Macは最大転送速度10GbpsのUSB3.1 Gen2に対応か

読了まで 27

次期Macは最大転送速度10GbpsのUSB3.1 Gen2に対応か

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iOS10 macOS Sierra パブリック ベータ
 
Macの次期OS、macOS Sierraベータ版のコードから、次期Macは最大転送速度10Gbpsを実現する、「USB3.1 Gen2」に対応する可能性が高いことが明らかになりました。

コード内に記載発見

2015年発売のMacBook以降のMac製品はUSB3.1 Gen1に対応していますが、これは名称が変わっただけで、データ転送速度はUSB3.0と同じ5Gbpsです。
 
しかしmacOS Sierraベータ版の開発コードに、最大転送速度10Gbpsを可能とするUSB3.1 Gen2を示すと思われる記載が発見されました。USB3.1 Gen2のロゴには「SuperSpeed+ USB」と記されており、コードにある「super_speed_plus」と一致します。
 
現行のApple製品には、最大10Gbpsの転送速度に対応するUSBを搭載するモデルは存在しません。従ってこのコードは、次に発売される次期Macから、USB3.1 Gen2に対応することを意味していると思われます。
 
比較のため、上に現行のOS X El Capitanのコード、下にmacOS Sierraベータのコードを掲載します。
 

OS X El Capitanのコード

OS X El Capitanのコード


 
macOS Sierraベータのコード

macOS Sierraベータのコード

次期MacBook Pro、Thunderbolt 3対応へ期待

また次期MacがUSB3.1 Gen2に対応するということは、Thunderbolt 3をサポートする可能性も見えてくる、と9to5Macが述べています。年内の発表が見込まれる新型MacBook Proについては、USB Type-Cポートが搭載されると見られており、もしかするとThunderbolt 3にも対応するのではという期待論が出ています。
 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

カテゴリ : 最新情報, Mac  タグ :
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる