トップページ > 最新情報 > Intel、ソフトバンク買収のARMと提携、ARMチップ製造へ
2016年8月17日 12時30分

読了まで 155

Intel、ソフトバンク買収のARMと提携、ARMチップ製造へ

Intel
 
Intelが、7月にソフトバンクが買収したARMとファウンドリ事業で提携、今後はARMプロセッサの製造を行なうと発表しました。

PC市場の減速が背景に

両社は現地時間16日、米カリフォルニア州サンフランシスコで開催中の「Intel Developer Forum(IDF)」において提携を発表しました。今後IntelはARMの知的財産(IP)に基づき、スマートフォンなどのモバイル機器向けプロセッサを製造可能となります。
 
Intelはブライアン・クルザニッチ最高経営責任者(CEO)のもと、近年ファウンドリ事業の強化に努めてきました。その背景にはPC市場の減速により、主軸のCPU事業の伸びが期待できず、方向転換を余儀なくされている現状があります。

IntelがiPhone向けチップを製造する可能性も

今回の提携は、Intelが自社の10nm製造プロセスにおいて、ARMチップ、特にファウンドリの業界標準となりつつある「ArtisanフィジカルIP」によるチップ製造が可能になるという点で、Intelのファウンドリ事業に大きなプラスとなります。
 
現在QualcommやAppleのチップは、韓国サムスンや台湾TSMCが製造していますが、今後はIntelにも製造の道が開けてくるからです。iPhoneが搭載するプロセッサをIntelが製造するという可能性も生じてきます。
 
Intelによれば、同社は現在、スマートフォンを提供するLGエレクトロニクス向けにもチップを製造、供給しているとのことです。
 
ARMについては7月にソフトバンクが、3兆円を超える金額で買収を発表したばかりです。
 
 
Source:Bloomberg,ARM Connected Community
Photo:Intel
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる