トップページ > 最新情報 > Appleに自動車用ソフト大手QNXの元CEOが入社!
2016年7月29日 08時17分

読了まで 29

Appleに自動車用ソフト大手QNXの元CEOが入社!

Apple Car

 
Apple Car」と噂される電気自動車開発を進めるAppleが、BlackBerryの子会社で自動車用組込みソフト大手のQNX社の元CEOを雇い入れていたことが分かりました。

Appleに自動車用組込みソフト大手、QNXの元CEOが入社!

Appleは「プロジェクト・タイタン」のコードネームで電気自動車開発を進めていると噂されています。プロジェクトの中核を担う人材として、自動車用組込みソフト大手のQNX社の共同創業者で元CEOであるダン・ダッジ氏が今年前半、Appleに入社していたことがわかった、と事情に詳しい人物の情報としてブルームバーグが報じています。
 
ダッジ氏は、Appleのハードウェア担当元副社長で自動車開発の責任者に就任したと報じられたばかりの、ボブ・マンスフィールド氏の部下として勤務しているとのことです。
 
Appleがカナダのオタワ市近郊に設置を準備中とみられる大型の研究開発拠点は、QNXの本社に近い場所にあります。Appleによる研究開発拠点設置計画が報じられた際は、自動車開発に関係するのではないか、と噂されていました。
 
ダン・ダッジ氏
 
ダッジ氏は、カナダのウォータールー大学で数学を学び、学生時代にQNXを共同創業しています。同社は2004年にハーマン・インターナショナルに、2010年にBlackBerry 社に買収されています。
 
2010年、QNXのCEOとしてインタビューに答えるダッジ氏の動画がこちらです。
 

「Apple Car」発売は計画どおりの2020年!?

Appleは、プロジェクトの中心人物だったスティーブ・ザデスキー氏の突然の退任の影響もあり、「Apple Car」の発売予定を2020年から2021年に延期した、とも報じられていました。しかしブルームバーグは、Appleは2020年の発売に向けて開発を進めている、と報じています。
 
iPhoneの販売が頭打ちになる中、次なる収益の柱を求めるAppleは、直近の四半期の研究開発費を前年同期比で26億ドル(約2,700億円)も多く投入しており、これは電気自動車開発を進めるためと考えられます。
 
 
Source:Bloomberg
Photo:University of Waterloo
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる