2016年6月22日 16時17分

読了まで 25

バッテリーを持たせたいならChromeは使うな?マイクロソフトが検証動画公開

google chrome バッテリー


 
軽いはずなのに、気づけばメモリを大量消費していることで知られるウェブ ですが、やはりとも言うべきか、マイクロソフトがMicrosoft Edge(Internet Explorerの後身)とのバッテリー耐久テストを行った結果、動作時間に3時間も差がでることが判明しました。

4ブラウザ中Chromeが最下位に

マイクロソフトが行ったのは、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Google Chrome、Operaの4ブラウザをラップトップPCでするというものです。この比較でHD動画を何時間再生出来るかという実験を行ったところ、Google Chromeがわずか4時間19分しかバッテリーが持たなかった一方、Microsoft Edgeは7時間22分も持つことが分かりました。
 

 
同じようにMozilla FirefoxとOperaでも比較テストを行いましたが、Google Chromeよりマシとは言え、やはりMicrosoft Edgeの時間に太刀打ちすることは出来ません。
 
この結果をもって、マイクロソフトは「Chromeより70%、Firefoxより43%、Operaより17%バッテリーが長く持ちました」と宣言していますが、案の定Youtubeでは「よくないね」の投票が目立ち炎上気味です。コメントは禁止されていますが、「バッテリーが持つからと言って、使いにくいブラウザを好むユーザーはいない」というユーザーたちの声が聞こえてきそうな悲しい結果になってしまいました。
 

google chrome バッテリー

消費電力の比較。低いほどいい


 
なお、今回は登場しませんでしたが、昨年行われた比較テストでは、YouTube再生で2時間ほど、ニュースサイト閲覧にいたっては最大で4時間以上の優位をGoogle Chromeに対してつけています。
 
 
 
Source:THE VERGE
(kihachi)
カテゴリ : 最新情報   タグ : , , , , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる