北京でiPhone6が販売禁止?中国スマホのデザインを模倣していると判断される

    iphone6 中国 100c

    iphone6s
     
    北京市の知的財産権局が、iPhone6/6 Plusのデザインは国内ベンダーのスマートフォンを模倣していると認定し、アップルに対して販売停止を求める判断を下しました。

    北京市当局がアップルに仰天命令!

    北京市の知的財産権局は「特許侵害紛争処理の決定書」を公表し、iPhone6/6 Plusのデザインは、中国深センの佰利(baili)公司が権利を所有しているスマートフォン「100c」を模倣していると主張。アップルと現地で販売を請け負う中复公司に対し、意匠権を侵害しているとして同iPhoneの販売を控えるよう命じました。
     
    同局によると、「100c」とiPhone6/6 Plusの違いは存在するものの、消費者が注意してみなければ分からないような差とのことで、両者の間に明確な区別はないとのことです。
     

    iphone6 中国 100c

    「100c」の表と裏。iPhoneとは似ても似つかないが…。


     
    もちろん、同命令を受けて、アップルは即刻知的財産権局を提訴、販売停止命令の撤回と同時に、iPhone6/6 Plusが特許権の保護対象範囲から外れている点を指摘しています。
     
    佰利公司の実態はほとんどなく、いわゆる「山寨(ニセモノ)」の製品を取り扱う企業だと見られていますが、もし、アップルが敗訴すれば中国国内でiPhone6/6 Plusを販売することができなくなるだけに、行く末には注目したいところです。なお最近も中国では、革製品を手掛ける企業が「IPHONE」を商標登録、アップルの商標権独占を認めないとする判決が下されたばかりです。
     
     
    Source:MyDrivers
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次