トップページ > iPhone7 > iPhone7、カメラ部分がiPhone6sとは大きく異なる可能性も
2016年6月11日 09時20分

読了まで 159

iPhone7、カメラ部分がiPhone6sとは大きく異なる可能性も

iPhone7 iPhone6s ケース
 
これまで何度かiPhone7の図面のリークなどをご紹介してきましたが、ニュースメディア『MacRumors』は、これまでの図面をもとにiPhone7のケースを独自に作成し、iPhone6sにはめる試みを行っています。

大きさは同じも、カメラ部分にズレ

 

 
これまで、メジャーアップデートごとにディスプレイサイズの変更が行われてきたiPhoneシリーズですが、これまでのリーク情報などを総括すると、大きさは同じではないかと推察されます。
 
もちろん、 iPhone Pro(またはiPhone7 Pro)という新たなモデルの追加も囁かれていますが、iPhone7 Plusに関しても、大きさは同様ではないかというのが多数派の意見となっています。
 
iPhone7 iPhone6s ケース
 
ただ、iPhone7は現行モデルよりもさらにカメラ性能がアップすると言われており、これに伴って、レンズ部分の巨大化がささやかれています。
 
結果、iPhone6sにiPhone7のカメラをはめると、カメラ部分に大きなずれが出るのではないかと考えられており、MacRumorsも同様の結果を導き出しています。
 
もう1つの変更点はイヤホンジャックの消失です。
 
iPhone7 iPhone6s ケース
 
iPhone7では、これまでiPhoneシリーズに搭載されてきたイヤホンジャック(イヤホンを挿すための穴)がなくなるのではないかとされています。これによりステレオスピーカーが搭載され、イヤホンはLightning端子に挿すことになると考えられますので、自ずとiPhone7のケースはiPhone6sにマッチしなくなります。
 
もちろん、これらはまだリークや予想を総合した段階ですので、噂でしかありませんが、発売日が近づいてきてもこうした情報が多数派を占めることから、かなり可能性としては高いと考えられます。
 
 
Source:MacRumors
(クロス)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる