2016年6月6日20:12公開

読了まで 148

iPhone7、より高速なWi-Fi通信規格をサポートか

iPhone6s 予約 Apple


 
今やパソコンを見ている時間よりも、iPhoneを見ている時間の方が長いというユーザーは多数いるかと思いますが、今秋発売が予想されるiPhone7では、現行モデルよりも高速なWi-Fi通信規格がサポートされるかもしれません。
 
ニュースメディア『Forune』は、Appleが次期iPhoneに次世代のWi-Fi通信規格の採用を検討していると報じています。

iPhone7は「WiGig」搭載か

『Forune』は、Counterpoint TechnologyのディレクターであるNeil Shah氏の話として、iPhone7には次世代のWi-Fi通信規格「WiGig」が搭載されるかもしれないと伝えています。
 
現行の旗艦モデルであるiPhone6s/6s Plusには、「802.11ac」という通信規格が採用されていますが、「WiGig」は「802.11ad」と呼ばれる通信規格であり、到達範囲が狭い点や、障害物に弱いというデメリットはあるものの、「802.11ac」と比較して何倍も速いWi-Fi通信が可能となります。
 
Netflixをはじめとしたストリーミングサービスが盛り上がっているほか、4Kと呼ばれる美しい映像基準が採用されていく中で、こうした高速通信は必須となっていきますので、ユーザーとしては搭載を期待したいところですね。
 
 
Source:Fortune
(クロス)
 
 

カテゴリ : iPhone7, 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる