トップページ > 最新情報 > GPU内蔵の5K Retina Display、今回のWWDCでは発表されない
2016年6月3日 07時59分

読了まで 144

GPU内蔵の5K Retina Display、今回のWWDCでは発表されない

Mac display
 
年内の登場が期待されるGPU内蔵の「5K Retina Thunderbolt Display」ですが、今月13日から開催される世界開発者会議(WWDC)で詳細が公開されることはなさそうです。米9to5Macが関係者筋の情報として報じています。

WWDCでのデスクトップ用ディスプレイの発表はない

Thunderbolt Displayの在庫整理が行われていることから、Appleが新しいディスレプイを準備中であり、それがGPUを内蔵した「5K Retina Thunderbolt Display」らしいという情報は昨日お伝えしました
 
一部ではWWDC でこの新ディスプレイがお目見えするのではないかとの噂も流れていましたが、9to5MacはGPU内蔵型を含むデスクトップ用ディスプレイは、今年のWWDCでは一切発表の予定はないことを確認したと報じています。
 
新たなディスプレイの発表はなくても、OS X 10.12が公開されれば、対応ディスプレイにどのような技術が用いられるかのヒントは得られるはずです。

WWDCはハードではなくソフトがメインに

今回のWWDCではハードウェアの新製品発表は少なく、ソフトウェアが中心で、iOS、OS X、tvOS、watchOSの各種OSがリリースされる見通しです。またOS X 10.12には初のSiri搭載が期待されています。
 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる