トップページ > 最新情報 > 「Omoidori」とiPhoneで思い出の写真を綺麗にデジタル化しよう

読了まで 254

「Omoidori」とiPhoneで思い出の写真を綺麗にデジタル化しよう

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Omoidori iPhone スキャナ
 
アルバムに眠らせているたくさんの写真、簡単にデジタル化できますよ!
 
PFUは6月1日、iPhoneアルバムスキャナ「Omoidori」(おもいどり)を発表し、同日より受注開始しました。出荷開始は6月下旬予定です。

2方向から撮影して自動で合成、フィルムの上からでもテカらずスキャン

アルバムの写真をデジタル化するには、フィルムや写真が反射したり、あるいは台紙から無理にはがして写真を傷つけてしまったりと、なかなかうまくいかないものです。そして一枚一枚をスキャンするのは、日付を確認して整理できるように保存していく必要があるなど、エネルギーを使う作業ではないでしょうか。
 
今回発表された「Omoidori」は、折りたたんだ本体を開くと三角形に広がる構造で、写真を覆うことで周囲の光の影響を受けない空間をつくります。そして2方向からフラッシュ撮影し、反射していない部分を瞬時に合成することで、アルバムに貼ったままのフィルムの上からでも、テカらずに綺麗かつ簡単にスキャンすることができる仕組みです。
 
Omoidori iPhone スキャナ
 
本体を開いて写真の上にのせ、iPhoneをセットして専用アプリの画面を操作するだけでスキャンできるので、最新の機器は難しそうで手を出しづらいと考える人も、これなら安心して利用できそうです。
 

写真の日付を自動認識、編集機能も充実の専用アプリ

「Omoidori」には、機能充実の専用アプリがあります。アプリでスキャンしたとき、写真に印字された日付を自動で認識して、画像の撮影日時などのデータを撮影当時の情報に変更可能。スキャンした写真を時系列に並び替えられるので、写真整理が簡単になります。
 
Omoidori iPhone スキャナ
 
スキャンできる写真は最大2L判まで対応していて、写真サイズに合わせての自動トリミングや、顔の向きを自動検出して写真の回転、赤目の補正もできるので、膨大なアルバムの写真をデジタル化するのも苦にならないですね。
 
またスキャンした写真は、アプリから直接メールしたり、SNSなどへシェアもでき、DropboxやOneDriveといったクラウドサービスにも対応しています。さらに、アプリからそのままプリントしてフォトブックにできるので、大切な人へのプレゼントや、お気に入りの写真集をつくる際にも活用できます。

iPhone6s/6/SE/5s/5に対応、5.5インチ端末などは未対応

Omoidori iPhone スキャナ
 
「Omoidori」本体の電源は単4電池が2本で、重さは電池搭載時で310gです。対応機種は、4.7インチ端末のiPhone6s、iPhone6と、4インチ端末のiPhone SE、iPhone5s、iPhone5のみで、5.5インチ端末のiPhone6s Plus、iPhone6 PlusやiPhone5c、iPad、iPod touchなどには対応していません。
 
専用アプリ「Omoidori」はiOS8.0以降に対応し、写真の出力ファイルは解像度450dpi~600dpi程度のJPEGとなっています。アプリの使用にはOmoidori本体が必要ですが、アプリは無料でダウンロード可能です。
 
「Omoidori」はオープン価格ですが、予約受け付け中のPFUオフィシャルショップ(Amazon.co.jp)では、12,800円となっています。
 
アルバムの写真のデジタル化はエネルギーの要る作業ですが、一度デジタル化してしまえば写真の”バックアップ”ができ、写真ケーキなどさまざまなサービスにも利用できます。「Omoidori」1台あれば、アルバム整理が捗りそうですね。
 
 
Source:Omoidori
(asm)
 
 

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneXS/XS Max/XRの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる