2016年5月23日 14時59分

読了まで 212

Anker、スマホだけでなく家電にも給電可能なモバイルバッテリーを発表

Anker PowerHouse


 
スマートフォンやタブレットの関連用品で人気のメーカー は本日、キャンプ及び緊急・災害時バックアップ用の蓄電池として利用可能な、AC / DC / USB 出力を備えたポータブル電源「Anker PowerHouse」を発表しました。

熊本地震被災地に無償提供

「Anker PowerHouse」は、USB だけでなくACやDCの出力にも対応しているため、スマートフォンやタブレットだけでなく、ノートパソコンや照明、小型の冷蔵庫などへも給電が可能です。
 
14.4V / 434Whの大容量で、スマートフォンに対しては約40回もの充電が可能なほか、ACコンセントからノートパソコンを約15回フル充電可能で、キャンピングライトであれば連続約100時間、ミニ冷蔵庫は連続約7時間、TVなら連続約4時間使用が可能となっています。
 
同社は小型のモバイルで著名ですが、「Anker PowerHouse」は、キャンプやフェスなどへの持ち込みが主な用途となりそうです。
 
災害時のモバイルバッテリーとしても至便であり、その特性を活かして、平成28年4月に発生した熊本地震の被災地への災害用備品として、スマートサプライを通じ、無償提供すると発表しています。
 
なお、一般発売は6月6日の予定で、.co.jpなどでも取り扱い予定です。オンライン直販価格は税込み50,000円予定で、Amazonでは予約受付中となっています。
 
その他の情報については以下の通り。
 

主なスペック

  • 容量 14.4V / 434Wh
  • 入力 DC 16.8V / 7.5A
  • 出力 DC: 12V / 10A
  • AC: 110V ~ 1.29A
  • USB: 5V / 6A (各ポート最大 2.4A)
  • 出力ポート数 DC x 1, AC x 1, USB × 4
  • サイズ 約 200 × 145 × 65mm
  • 重さ 約 4.3kg
  • 同梱品

  • Anker PowerHouse 本体
  • AC アダプタ (約 300cm)
  • Micro USB ケーブル (約 60cm)
  • DC ケーブル
  • 取扱説明書
  •  
     
    Source:Anker
    (クロス)

     
     

    著者情報

    iPhone Mania編集部

    iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる