トップページ > 最新情報 > Apple、中国版UberのDidiに10億ドルを出資!自動車開発と関係か?
2016年5月13日 13時11分

読了まで 156

Apple、中国版UberのDidiに10億ドルを出資!自動車開発と関係か?

DiDi
 
Appleが、中国版Uberと言われる配車サービスの「Didi(嘀嘀)」に、10億ドル(約1,080億円)を出資するとウォール・ストリート・ジャーナルが報じています。

Uberを上回るシェアを誇る中国最大手の配車サービス、Didi

Appleが10億ドルを出資する配車サービスの「Didi(嘀嘀)」は、中国ではライバルのUber以上のドライバー数と利用者数を誇り、中国全土の400都市でサービスを展開する業界最大手です。
 
中国ではDidiやUberといった配車サービスの市場が急速に拡大しており、ウォール・ストリート・ジャーナルによるとDidiの現在の時価総額は250億ドル(約2兆7,000億円)以上とみられる、とのことです。
 
なお、10億ドルという出資額は、大型買収と話題になった2014年のBeatsの買収で30億ドル(約3,240億円)であったことを考えると、Appleにとっても決して小さい出資額ではありません。

噂の電気自動車開発と関係も?

Appleからの公式発表は本稿執筆時点でなされておらず、1,000億円以上の巨額出資の目的は不明ですが、Appleは「Apple Car」と言われる自動車の開発が噂されていることから、同社の製品やサービス開発に活用するための何らかの意図がある可能性もあります。
 
なお、DidiのライバルにあたるUberは2014年、発売日にiPhone6/6 Plus予約無しで買える特別会場にユーザーを招待するキャンペーンを実施して話題となりました。
 
 
Source:The Wall Street Journal
Photo:China Business News
(hato)

 
 

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる