トップページ > 使い方 テクニック > iOS向け「LINE」がアップデート!新機能の使い方を解説

読了まで 439

iOS向け「LINE」がアップデート!新機能の使い方を解説

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

LINE
 
無料メッセージ&通話アプリ「LINE」が、iOS向けの公式アプリをアップデートし、最新版のバージョン6.2.0をリリースしました。主に、トークルームでの画像に関する改善内容です。

選択順通りに画像送信、オリジナル画質、iCloudから直接送信など

今回のアップデートでは、トークで複数の写真を送るとき、選択した順番通りに送信されるように改善されたほか、オリジナル画質の写真を送受信できるようになりました。さらに、iCloudの写真をLINEのトークで直接送信できるようになっています。
 

– トークルームで複数の写真送信時、選択した順序通りに送信されるように改善 (iOS 8.0以上)
– トークルームでオリジナル画質の画像を送受信できる機能を追加 (iOS 8.0以上)
– トークルームでiCloudの写真を直接送信できる機能を追加 (iOS 8.0以上)
– Keepに保存されたコンテンツを検索しやすいようにタグで管理する機能を追加
– 友だち、トーク上段の検索履歴の一括削除機能、履歴保存On/Off設定を追加

 
この記事では、今回改善されたトークルームでの画像送信について、手順を解説します。

LINEのトークルームでオリジナル画質の画像を送信する手順

1
「LINE」を起動し、トークルームを開く
LINE アップデート 画像

  • ホーム画面から「LINE」を起動し、任意のトークルームを開きます。そして入力欄横にある「+」マークをタップします
  •  

    2
    送信する画像を選択する
    LINE アップデート 画像

  • 「写真を選択」をタップします
  •  

    3
    送信する画像にチェックを入れる
    LINE アップデート 画像

  • 送信する画像は1枚でも、オリジナル画質で送りたい場合は、チェックマークを入れる必要があります
  • 送信したい画像の右上にある「◯」マークをタップして、チェックを入れます
  • 画像を選択すると下からメニューが現れるので、左側の「オリジナル画質」にチェックを入れ、右側の「トークに送信」をタップすると、画像がオリジナル画質で送信されます
  •  

    LINEのトークルームでiCloudの写真を直接送信する手順

    iCloud共有アルバムの写真をLINEで送信するには、今までは一度iPhoneに写真をダウンロードしてから送る手順でしたが、今回のアップデートにより、直接送信できるようになりました。
     
    iCloud共有アルバムの作成には、標準アプリの「写真」を利用します。そしてiCloud共有アルバムを作成するためには、あらかじめ「設定」アプリで機能を有効にする必要があります。順番に解説していきます。
     

  • iCloudの写真共有について
  • iCloudの写真共有を利用するには、iCloudアカウント(Apple ID)と、以下の対応端末、最新OSが必要となります。
     
    ・iOS7以降を搭載したiPhone、iPad、iPod touch
    ・OS X Mavericks v10.9以降を搭載し、iPhoto 9.5 または Aperture 3.5がインストールされたMac
    ・Apple TV ソフトウェア 6.0以降がインストールされているApple TV
    ・Windows7以降を搭載し、Windows用iCloudがインストールされているWindows PC
     

    「iCloud共有アルバム」を有効にする・作成する

     

    1
    「設定」を起動し、「iCloud」をタップする
    LINE アップデート 画像

  • ホーム画面から「設定」を起動し、「iCloud」をタップします
  •  

    2
    「写真」をタップ→「iCloud写真共有」を有効にする
  • 「写真」をタップし、「iCloud写真共有」をオン(緑)にします
  • LINE アップデート 画像 LINE アップデート 画像

     

    3
    「写真」を起動し、「共有」タブに切り替える
  • ホーム画面から「写真」を起動し、下部メニュー「共有」をタップします
  • iCloudで共有のところの「共有を開始」をタップします
  • LINE アップデート 画像 LINE アップデート 画像

     

    4
    「iCloud」の共有アルバムを作成する
  • これが共有アルバムの作成画面になります。共有アルバムのタイトルを入力し、「次へ」をタップします
  • 宛先には、アルバムを共有する友人や家族のアドレスを入力すると、アルバムに招待することができます。設定しなくても共有アルバムの作成は可能ですので、「作成」をタップします
  • LINE アップデート 画像 LINE アップデート 画像

     

    5
    共有アルバムができた
    LINE アップデート 画像

  • アクティビティに、共有アルバムを作成した項目が追加されました
  • 左上の「< 共有中」をタップすると、共有アルバムの一覧が表示されます
  • 次項ではiCloud共有アルバムへの写真の追加手順を解説します
  •  

    作成した「iCloud共有アルバム」に写真を追加する

     

    1
    iCloud共有アルバムに写真を追加する
    LINE アップデート 画像

  • 前項までの「iCloud共有アルバム」作成手順後、またはホーム画面から「写真」を起動して「共有」タブに切り替えると、このような画面が表示されます
  • ここには、アルバムを作成したり、写真を追加したりしたときに記録されるログ「アクティビティ」と、各共有アルバムが表示されます
  • 写真を追加するため、作成したiCloud共有アルバムをタップします
  •  

  • アルバムにはなにも写真がない状態です。灰色の■にある+マークをタップすると、写真を追加できます
  • 追加したい写真をタップして、「完了」をタップします。写真は複数枚を選択することも可能です
  • LINE アップデート 画像 LINE アップデート 画像

     

    LINE アップデート 画像

  • 「投稿」をタップすると、共有アルバムに写真が追加されます
  • 投稿する際、文字入力欄にコメントなどを入力すると、写真へのコメントとして同時に投稿できます
  •  

    2
    共有アルバムに写真が追加された
    LINE アップデート 画像

  • iCloud共有アルバムに写真が追加されました
  • 次項ではLINEのトークルームで、iCloudの写真を直接送信する手順を解説します
  •  

    LINEのトークルームで「iCloud共有アルバム」の写真を送信する

     

    1
    LINEを起動し、トークルームを開く→写真を選択
  • ホーム画面から「LINE」を起動し、任意のトークルームを開きます
  • 入力欄横にある「+」マークをタップし、「写真を選択」をタップします
  • LINE アップデート 画像 LINE アップデート 画像

     

    2
    iCloud共有アルバムを選択する
  • 「カメラロール」のところをタップして、iCloud共有アルバムを選択します
  • LINE アップデート 画像 LINE アップデート 画像

     

    3
    iCloud共有アルバムの写真を選択する
  • LINEのトークルームで送信したい写真をタップして選択し、右下の「送信」をタップします
  • タップしたときに左下に表示される「オリジナル画質」をタップしてチェックを入れると、オリジナルサイズで送信できます
  • LINE アップデート 画像 LINE アップデート 画像

     
     
    今回のアップデートにより、ますますLINEで写真や画像の送受信がしやすくなりましたね!お気に入りの写真をオリジナル画質で送信できたり、複数枚送るときに選択した順番で送信できるようになったのも嬉しい改善です。
     
     

    --PR--

    [公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


    → ソフトバンクオンラインショップ


    → auオンラインショップ


    → ドコモオンラインショップ


    [最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

    iPhone X・8/8 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


    [格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

    iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

    いつもシェアありがとうございます
    Twitter

    Twitter

    Google+

    g+

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる