トップページ > 最新情報 > Apple、中国サーバー大手Inspurと協力してクラウドサービスを移転か
2016年4月12日 11時50分

読了まで 147

Apple、中国サーバー大手Inspurと協力してクラウドサービスを移転か

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iCloud フリー素材
 
Appleはクラウドサービス「iCloud」の運営のため、Amazon Web Services(AWS)とMicrosoft Azure、Google Cloud Platformを利用しており、特にAmazon Web Servicesへの依存度は大きい状況が続いていますが、ニュースメディア『MacRumors』は、Appleが中国のInspurと協力して、独自のデータセンターを構築するのではないかと伝えています。

以前からあったデータセンター構築の噂、ついに本格着手か

中国のサプライチェーンからの情報によると、Appleは現在Amazon Web Services(AWS)に依存しており、多額のコストが掛かっていますが、自社データセンターを構築することにより、これを回避するようです。
 
Appleが今回協力を依頼している中国企業のInspurは、日本人の我々にとってあまり聞き馴染みのない会社かもしれませんが、中国のインターネットサーバー市場においては60%以上のシェアを握っており、クライアントにはMicrosoft、Intel、IBMなど名だたる企業が名を連ねます
 
Apple、Inspurともに今回の件について事実関係を認めたわけではありませんが、台湾のニュースメディア『Digitimes』は本件の情報の確度に自信を持っているようです。
 
なお、InspurはすでにカリフォルニアにあるApple本社近くに研究開発拠点を築いています。
 
 
Source:MacRumors
(クロス)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる