トップページ > 最新情報 > Google、Androidの開発言語にAppleの「Swift」を採用か
2016年4月8日 20時00分

読了まで 152

Google、Androidの開発言語にAppleの「Swift」を採用か

Swift-Android-940x585
 
Googleは現在、Androidの開発言語として「Java」をメインで使用していますが、ニュースメディア『Cult of Android』は、同社が将来的に、開発言語としてAppleが開発した新たな開発言語である「Swift」を採用する可能性があると報じています。

時代は「Swift」に?

「Swift」と言うと、まだ聞き馴染みのない方が多いことかと思いますが、これはAppleが2014年に発表した比較的新しい開発言語です。WWDC 2015においてオープンソース化が発表され、同年12月にはSwift2をオープンソース化しています。
 
「Swift」は、一般的な開発言語として知られる「Objective-C」などと比較してコーディングが少なく、習得も用意であるため開発者が育ちやすく、評価が高い現状があります。
 
GoogleがAndroidの開発言語として「Swift」の採用を検討するのは、そうした理由ももちろんありますが、それより大きな要因とされるのが、Oracleとの間に抱える訴訟問題です。現在同社は「Java」の開発元であるOracleとライセンス関係で訴訟問題を抱えており、巨額の賠償請求を受けています。
 
GoogleがAppleの新しい開発言語である「Swift」を採用するとなれば、「Swift」の浸透はさらに高まると思われ時代は一気に「Swift」へと変遷していく可能性すらあります。そうした状況を裏付けるように、FacebookとUberも「Swift」を利用すると噂されています
 
開発言語「Swift」を取り巻く動向は、今後も注目していきたいところです。
 
 
Source:Cult of Android
(クロス)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる