トップページ > iPhoneの使い方 > iOS11新機能 > 【iOS11】AirDropを利用するための新しい設定方法
2017年9月1日 00時00分

読了まで 28

【iOS11】AirDropを利用するための新しい設定方法

iOS11でAirDrop機能を利用したい

A.

近くにいるiOS端末ユーザーやMacユーザーなどと、写真や動画などのファイルや、Webサイト、場所などの情報を共有できる「AirDrop」機能は、iOS11でも引き続き利用できます。iOS11では、AirDropの設定方法や利用開始方法が変更されました。

 
iOS11搭載の端末で「AirDrop」を利用する
iOS11以前の端末で「AirDrop」を利用する
 

iOS11搭載の端末で「AirDrop」を利用する

かんたんステップ

3ステップ
約2分
  • STEP1

    「設定」→「一般」

  • STEP2

    「AirDrop」

  • STEP3

    利用する検出範囲を選択する

1
「設定」を起動し、「一般」をタップする
使い方 iOS11 AirDrop

  • ホーム画面から「設定」アプリを起動し、「一般」をタップします
  •  

    2
    「AirDrop」をタップする
    使い方 iOS11 AirDrop

  • iOS11では新たに「AirDrop」の項目が増えています。「AirDrop」をタップします
  •  

    3
    AirDropの設定を変更する
    使い方 iOS11 AirDrop

  • AirDropの検出範囲を変更します。「受信しない」を選ぶと、AirDropの送受信ができません。「連絡先のみ」は連絡先アプリに登録している人のみと送受信でき、「すべての人」では連絡先アプリの登録有無にかかわらず、すべてのAirDrop対応端末ユーザーと送受信できます
  •  

     

    iOS11以前の端末で「AirDrop」を利用する

    iOS11にアップデートしていない端末などでAirDrop機能を利用するには、こちらの記事を参考にしてください。
     

  • 近くにいる人と簡単にデータをやりとりできる「AirDrop」機能
  •  

     

    --PR--

    [公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


    → ソフトバンクオンラインショップ


    → auオンラインショップ


    → ドコモオンラインショップ


    → 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる