トップページ > iPhoneの使い方 > iOS15新機能・変更 > 【iOS15】iPhoneの異なるアプリ間でドラッグ&ドロップを行う方法
2021年9月25日 17時31分

読了まで 22

【iOS15】iPhoneの異なるアプリ間でドラッグ&ドロップを行う方法

ファイルをアプリからアプリに簡単に移したい

A.

iPhoneで異なるアプリ間で「ドラッグ&ドロップ」を行いたいと思ったことはないでしょうか。
 
9月21日にリリースされた、iPhone向けOSのメジャーアップデート「iOS15」には、さまざまな新機能の搭載や機能改善が含まれていますが、異なるアプリ間でファイルをドラッグ&ドロップする操作に新たに対応しました。
 
今回はiOS15の新機能、異なるアプリ間での「ドラッグ&ドロップ」を行う方法を紹介します。

 

動画でチェック!

 

ドラッグ&ドロップでファイルを移動する手順

1
貼り付ける対象を指でドラッグする
異なるアプリ間でのドラッグ&ドロップ

  • ここでは写真を指で長押しし「ドラッグ」します
  •  
     

    2
    ドラッグしたままドロップ先のアプリを立ち上げる
    異なるアプリ間でのドラッグ&ドロップ

  • ドラッグしたままHOME画面に戻ります
  • 左指はドラッグ、右指はHOMEへ戻る
  •  
     

    異なるアプリ間でのドラッグ&ドロップ

  • ドロップ対象のアプリを立ち上げます(メールアプリを立ち上げる)
  • 左指はドラッグ、右指はアプリを立ち上げる
  •  
     

    3
    対象のアプリにドロップする
    異なるアプリ間でのドラッグ&ドロップ

  • 対象のアプリを立ち上げた状態でドラッグをキープ
  •  
     

    異なるアプリ間でのドラッグ&ドロップ

  • 対象のアプリにドロップします
  • 画像がメールアプリに張り付きました。
  •  
    (たまちゃん)
     
     

     

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる