トップページ > iPhoneの使い方 > iOS15新機能・変更 > 【iOS15】「集中モード」を時間や場所、アプリに連携させて自動でオン・オフにする方法
2021年9月24日 10時42分

読了まで 228

【iOS15】「集中モード」を時間や場所、アプリに連携させて自動でオン・オフにする方法

集中モードを特定の時間や場所、アプリと連携させて自動でオン・オフにしたい

A.

iOS15のアップデートにより新しく追加された集中モードは、指定した時間や場所、アプリの起動により自動でオン・オフに切り替えることができるようになりました。新規オートメーション作成から「時間」「場所」「App」の連携をそれぞれ設定することができます。
  • iOS15の新機能「集中モード」とは?設定失敗すると通知が届かない場合も
  • おやすみモードに時刻や場所、アプリを連携させてオンにする手順

    1
    「設定」アプリを開く

  • 「設定」アプリをタップします
  •  
     

    2
    「集中モード」を選択する

  • 「集中モード」をタップします
  •  
     

    3
    「おやすみモード」を選択する

  • 「おやすみモード」をタップします
  •  
     

    4
    オートメーションを設定する

  • 「スケジュールまたはオートメーションを追加」をタップします
  •  
     

    時刻を設定する場合

  • 「時刻」をタップします
  •  
     

  • 開始・終了時刻、曜日を選択し「完了」をタップします
  •  
     

    「場所」を設定する場合

  • 「場所」をタップします
  •  
     

  • 検索窓に店舗名または住所を入力し、「完了」をタップします
  •  

  • 指定した場所に到着した時にオンになり、出発するとオフになります
  •  
     

    「アプリ」を設定する場合

  • 「App」をタップします
  •  
     

  • 検索窓にアプリ名を入力するか、一覧からアプリを選択しタップします
  •  

  • 指定したアプリを起動したときにオンになり、閉じるとオフになります
  •  
     

    5
    「おやすみモード」をオンにする

  • 「おやすみモード」のトグルをオンにします
  •  

  • 指定した時刻や場所、アプリに連携してオン・オフが実行されます
  •  
     

  • 特定の項目をオフにしたい場合は、それぞれの項目の画面設定でトグルをオフにします
  •  
     
    (ryou)
     
     

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる