トップページ > iPhoneの使い方 > 基礎知識 > 【解説】iPhone同梱の付属品、iPhoneで利用できる周辺機器
2017年3月1日 00時00分

読了まで 633

【解説】iPhone同梱の付属品、iPhoneで利用できる周辺機器

iPhoneの付属品について知りたい

A.

iPhoneを購入すると、iPhone本体以外に、Apple純正のヘッドセット(有線イヤホン)「EarPods」、充電用のケーブル、コンセントプラグで充電するためのUSB電源アダプタが同梱されています。
 
iPhone7、iPhone7 Plusの場合は、EarPodsが従来の3.5mmイヤホン端子ではなく、Lightning端子に接続するタイプのものとなっており、また3.5mmイヤホン端子の有線イヤホンを利用できるように、Lightning端子に変換するためのアダプタも入っています。

 
ヘッドセット「EarPods」
USB充電ケーブル
ポイント:Apple純正ではない充電ケーブルを使っても大丈夫?
ポイント:純正ケーブルの断線を防ぐには
USB電源アダプタ
Lightning 3.5mmイヤホン端子アダプタ
SIM取り出しツール
 

ヘッドセット「EarPods」

iPhoneの説明書 iPhone 周辺機器 自撮

 

iPhoneの説明書 iPhone 周辺機器 自撮

 
Apple純正のヘッドセット「EarPods」は、3.5mmイヤホン端子のないiPhone機種の場合はLightning端子のもの、それ以前のiPhoneの場合はイヤホン端子のものが付属しています。有線のイヤホンで、音楽やビデオの視聴だけでなく、線にあるボタンで音量の調節やSiriの呼び出し、電話を受けることも可能です。
 
Lightning接続タイプのものは、iOS10以降を搭載していれば、iPhone7/7 Plus以前の機種でも利用できます。対応するiPhoneは以下の通り。iPadやiPodの一部モデルでも利用できます。
 
・iPhone5
・iPhone5c
・iPhone5s
・iPhoneSE
・iPhone6
・iPhone6 Plus
・iPhone6s
・iPhone6s Plus
・iPhone7
・iPhone7 Plus
・iPhone8
・iPhone8 Plus
・iPhone X
 
EarPodsは、Apple Storeなどで単体でも購入できます。紛失した場合や断線するなどで壊れた場合でも安心です。価格は税別3,200円。
 

  • 付属イヤホンEarPodsの使い方
  •  

     

    USB充電ケーブル

    iPhoneの説明書 iPhone 周辺機器 自撮

     
    iPhoneの充電方法は、本体下部にあるLightning端子(iPhone4s以前の機種はDock端子)とコンセントプラグ、またはUSB給電できるパソコンと接続することで行えます。iPhoneの購入時には、Lightning端子ケーブルが付属しています。
     
    iPhoneの純正ケーブルは、Appleの保証期間内であれば無償で新品と交換してもらうこともできます。
     

  • 関連記事:iPhoneの純正充電ケーブルを無償交換する方法
  •  

    Lightning端子タイプ

     
    利用できる機種は、Lightning端子を搭載するiPhoneやiPad、iPodです。対応するiPhoneは以下の通り。
     
    ・iPhone5
    ・iPhone5c
    ・iPhone5s
    ・iPhoneSE
    ・iPhone6
    ・iPhone6 Plus
    ・iPhone6s
    ・iPhone6s Plus
    ・iPhone7
    ・iPhone7 Plus
    ・iPhone8
    ・iPhone8 Plus
    ・iPhone X
     
    Lightningケーブルは、Apple Storeなどで単体でも購入できます。ケーブルの長さによって価格が異なりますが、0.5メートルと1メートルが税別2,200円、2メートルが税別3,200円です。
     

    Dock端子タイプ

     
    Dock端子(30ピンともいう)は、iPhone4s以前のiPhoneやiPad、iPod classic、iPod nano、iPod touch(第4世代以前)などに搭載されている端子です。Dockコネクタともいいます。対応するiPhoneは以下の通り。
     
    ・iPhone3G
    ・iPhone3GS
    ・iPhone4
    ・iPhone4s
     
    Dock端子タイプの充電ケーブル「30ピン – USBケーブル」は、Apple Storeなどで単体でも購入できます。価格は税別2,200円。
     

     

    ポイント:Apple純正ではない充電ケーブルを使っても大丈夫?

    充電ケーブルは、Apple純正以外にも、家電アクセサリーメーカーが販売するものや、100円均一ショップにも並んでいます。サードパーティ製品は、純正製品と比べると安価であるのがポイントで、純正製品だと2,000円以上する一方、サードパーティ製品では1,000円台で購入できたり、前述のように100円均一ショップでも販売されています。
     
    では純正製品とサードパーティ製品で、安全性や性能などにどれほどの違いがあるのでしょうか。ポイントは、大きく以下の3点です。
     

  • 純正製品はiOSをアップデートしても動作が保証されている
  •  
    サードパーティ製品の場合は、iOSがアップデートされたことを機に、接続しても正常に充電されなかったり、純正ではないアクセサリである旨のメッセージが表示され、利用できなくなることがあります。
     
    一方Apple純正製品は、iOSがアップデートしても、正常に動作するようになっています。使えなくなるというリスクが気になる方は、純正製品を利用するのがオススメです。
     

  • Made for iPhone(MFi)認証を受けていない製品では品質に差がある
  •  
    またApple純正ではないものの、iPhone向けに作られた製品で、Appleの基準をクリアしたものには、Made for iPhone(MFi)認証がつきます。
     
    MFi認証を取得した製品は、純正と同等の性能を誇りながら、純正製品よりも安価で購入できるというメリットがあります。サードパーティ製品を利用する場合は、MFi認証を取得しているか確認しましょう。
     

  • サードパーティ製品のなかには、充電のみしかできないものもある
  •  
    純正ケーブルは、iPhoneの充電を行うほかに、パソコンと接続して同期させることもできますが、サードパーティ製品のなかには、同期の機能を持たず、充電のみしかできないものもあります。充電と同期を行いたい場合は、両方の機能を持つケーブルを選びましょう。よくわからない場合は、純正製品を利用することをオススメします。
     

     

    ポイント:純正ケーブルの断線を防ぐには

    iPhoneの充電ケーブルは、ケーブルの根本の耐久性が高くありません。ケーブルをきつく巻いて保管していたり、ケーブル部分をひっぱって抜いたり、充電しながら寝転がってiPhoneを利用するなどで、さらに断線しやすくなってしまいます。断線しないためには、上記のことに気をつける必要があります。
     

  • 関連記事:あなたもやっていませんか?iPhoneの充電ケーブルが断線する3つの原因
  •  
    そのほか、100円均一ショップで購入できる手軽さと安さが話題になっていたのが、純正ケーブルの根本を保護するカバーです。ケーブルの根本部分を保護カバーで包み込み、過度な折り曲げを抑える効果があります。完全に断線を防ぐことはできないものの、予防に役立つでしょう。
     

  • 関連記事:【レビュー】画期的!100均のLightningケーブル保護カバー
  •  

     

    USB電源アダプタ

    iPhoneの説明書 iPhone 周辺機器 自撮

     
    iPhoneを充電する際に、コンセントプラグから給電する場合に使うものです。充電ケーブルのUSB部分を差して使います。
     
    iPhoneを購入すると、5WのUSB電源アダプタが同梱されていますが、iPadシリーズに同梱される10Wのもの、iPad Retinaディスプレイモデルに同梱される12Wのものを利用することもできます。10Wや12Wのものを利用すると、iPhoneに付属する5Wよりも速く充電できます。
     
    USB電源アダプタは、Apple Storeなどで単体でも購入できます。5Wと12Wがともに税別2,200円(ケーブルは付属せず、アダプタのみ)。
     
    iPhone8/8 PlusやiPhone Xで対応している高速充電は、Macシリーズにも付属する29Wの電源アダプタを使うと利用できます。
     

  • 【検証】iPhone X充電速度比較 有線では高速充電が最速!
  •  

    Lightning 3.5mmイヤホン端子アダプタ

    iPhoneの説明書 iPhone 周辺機器 自撮

    (Photo:Apple Store
     
    iPhone7、iPhone7 Plusからは、3.5mmイヤホン端子が廃止され、有線イヤホンを通じた音楽の視聴などは、Lightning端子に接続して行うようになりました。従来の3.5mmイヤホン端子のものをiPhone7やiPhone7 Plusで利用するには、付属する変換アダプタを利用して行います。
     
    この変換アダプタは、iOS10以降を搭載していれば、iPhone7/7 Plus以前の機種でも利用できます(しかし、iPhone7以前の機種では3.5mmイヤホン端子が搭載されているので、その端子を使うのがよいでしょう)。対応するiPhoneは以下の通り。iPadやiPodの一部モデルでも利用できます。
     
    ・iPhone5
    ・iPhone5c
    ・iPhone5s
    ・iPhoneSE
    ・iPhone6
    ・iPhone6 Plus
    ・iPhone6s
    ・iPhone6s Plus
    ・iPhone7
    ・iPhone7 Plus
    ・iPhone8
    ・iPhone8 Plus
    ・iPhone X
     
    変換アダプタ「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」は、Apple Storeなどで単体でも購入できます。税別900円。
     

     

    SIM取り出しツール

    iPhoneの説明書 iPhone 周辺機器 自撮

     
    利用する機会はSIMカードを出し入れするときのみですが、iPhoneを購入して初期設定のとき、SIMカードを挿入する必要があります。ショップで購入した場合はショップのスタッフが行ってくれますが、オンラインショップで購入した場合は、自分でSIMカードを挿入してアクティベーションを行います。
     
    SIMカードトレイを引き出すために使うのが、付属するSIM取り出しツールです。iPhoneの箱のなかにはある説明書に、SIMカード取り出しツールが取り付けられています。
     
    もし紛失してしまった場合は、市販されているペーパークリップをのばして代用しましょう。
     

     

    --PR--

    [公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


    → ソフトバンクオンラインショップ


    → auオンラインショップ


    → ドコモオンラインショップ


    → 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる