【Tips】iPhoneのバックアップをMacに保存する方法

    Tips バックアップ
    目次

    iPhoneやiPadのデータをMac本体にバックアップする方法を知りたい

    A.

    iPhoneやiPadなどのデバイスのデータは、Mac本体にバックアップして保存することができます。
     
    macOS Catalina以降を搭載したMacでは、iTunesではなくFinderを使用してバックアップを行います。

    Macを利用したiPhoneのバックアップ手順

    1
    デバイスをMacに接続します
  • バックアップを作成したい端末を、Macへ接続します
  •  

    2
    Macで「Finder」を開きます

    Tips バックアップ
     

  • Macの画面左下の「Finder」アイコンをクリックして開きます
  •  

    3
    デバイス名をクリックします

    Tips バックアップ
     

  • 画面左サイドバー内の「場所」セクションに表示される”デバイス名”をクリックします
  •  

    4
    「信頼」をクリックして端末にパスコードを入力します(※初回のみ)

    Tips バックアップ
     

  • 端末を初めてMacに接続する際は、Mac画面上で「信頼」をクリックします
     

  • デバイスにパスコードを入力します
  •  

    5
    「iPhone内のすべてのデータをこのMacにバックアップ」にチェックを入れます

    Tips バックアップ
     

  • 「iPhone内のすべてのデータをこのMacにバックアップ」の左横の○にチェックを入れます
  •  

    6
    「今すぐバックアップ」をクリックします

    Tips バックアップ
     

  • 画面中央の「今すぐバックアップ」をクリックすると、バックアップが開始されます
  •  

    7
    個人情報をバックアップする際は、バックアップを暗号化します

    Tips バックアップ
     

  • パスコードやヘルスケアなどの個人情報をバックアップする際は、データを暗号化する必要があります
     

  • 「ローカルのバックアップを暗号化」にチェックを入れます
  •  

    8
    バックアップを保護するためのパスワードを設定します

    Tips バックアップ
     

  • バックアップを暗号化するためのパスワードを入力し、「パスワードを設定」をクリックします
     

  • デバイス側でパスコードを入力すると、暗号化データのバックアップが開始されます
  •  

    9
    バックアップの完了を確認します

    Tips バックアップ
     

  • 前回のバックアップ欄で、最新のバックアップ完了日時を確認することができます
  •  

    (reonald)

     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2020年からiPhone Maniaでライターとして活動。初めて購入したApple製品はiPod mini。デザインや互換性の高さに惚れ込み、現在ではiPhone12 Pro、iPad Air、Apple Watch SE、Macbook Air、AirPods Proを所有中。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次