トップページ > iPhoneの使い方 > そのほかの標準アプリ > iPhoneのさまざまな操作を補助する「Assistive Touch」
2017年3月1日 00時00分

読了まで 537

iPhoneのさまざまな操作を補助する「Assistive Touch」

iPhoneの説明書 AssistiveTouch
 

さまざまな障がいのある人でも快適に利用できるよう、iPhoneには、操作補助機能であるアクセシビリティが搭載されています。
 
そのうちのひとつ「AssistiveTouch」は、画面に指で触れたりボタンを押すことが難しい人でも、特定の動作を覚えさせてジェスチャで操作したり、互換性のある支援装置(ジョイスティックなど)を使って操作することができる機能です。
 
AssistiveTouchでは、タップする、または支援装置でタップとみなされる操作をすることで、ホームボタンを呼び出したり、Siriを呼び出したり、複数のジェスチャを実行したり、iPhoneの音量を調整したり、スクリーンショットを撮影するなどができます。3D Touch搭載機種の場合は、3D Touchの押し込む操作を再現して、PeekやPopを行うこともできます。

 

「AssistiveTouch」をオンにする
「AssistiveTouch」メニューをカスタマイズする
独自のジェスチャを登録する
「AssistiveTouch」を利用する
ポイント:ショートカットボタンですばやく呼び出す
 

「AssistiveTouch」をオンにする

かんたんステップ

4ステップ
約5分
  • STEP1

    「設定」→「一般」

  • STEP2

    「アクセシビリティ」

  • STEP3

    「AssistiveTouch」

  • STEP4

    「AssistiveTouch」をオンにする

1
設定アプリから、アクセシビリティ設定を開く
iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • ホーム画面から「設定」を起動し、「一般」をタップします
  •  

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • 「アクセシビリティ」をタップします
  •  

    2
    AssistiveTouchをオンにする
    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • 「AssistiveTouch」をタップします
  •  

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • 「AssistiveTouch」をタップしてオン(緑)にします
  • 機能をオンにすることができました。表示する際のメニューのカスタマイズや、より操作しやすいよう独自のジェスチャを作成しましょう
  •  

     

    「AssistiveTouch」メニューをカスタマイズする

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • AssistiveTouchをオンにした状態で、「最上位レベルのメニューをカスタマイズ…」をタップします
  •  

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • AssistiveTouchを呼び出したときに表示されるメニューアイコンの個数や、割り当てる機能・操作を設定する画面です。「6個のアイコン」の右側にあるマイナスとプラスをタップすると、表示するアイコン数の増減ができます
  • その後のアップデートで最大8個まで設定できるようになりました
  •  

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • 3D Touch対応機種の場合は、AssistiveTouchのアイコンを押し込むことで、3D Touchのアクションを設定できます
  •  

  • 3D Touchに設定できるアクションは、AssistiveTouchの各アイコンに設定できる機能・操作と同じです
  • iPhoneの説明書 AssistiveTouch iPhoneの説明書 AssistiveTouch

     

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • 「リセット…」をタップすると、初期設定の6個のアイコンの状態に戻ります
  •  

    AssistiveTouchをスクリーンショットボタンにする

     
    AssistiveTouchに設定できるメニューアイコン数は、最小1個~最大8個です。2個以上の機能・操作を割り当てている場合は、AssistiveTouchのアイコンをタップしたときに、どの機能・操作を実行するかのメニューを展開します。つまり実行するために、AssistiveTouchのアイコンをタップ→実行するメニューをタップ、と2回タップする必要があります。
     
    しかし、設定しているメニューアイコンが1個の場合は、AssistiveTouchのアイコンをタップすると、すぐにその機能・操作を実行します。これを活用して、通常の操作では本体の2箇所のボタンを押す必要がある「スクリーンショットの撮影」を、画面上のタップ1回で行うことができます。
     

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • AssistiveTouchの設定画面から、メニューのカスタマイズ画面に進みます。そして表示アイコン数を1個に減らし、中央に表示されている「カスタム」または「+」をタップします
  •  

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • 機能・操作一覧から「スクリーンショット」を探し、タップして選択します。そして右上の「完了」をタップします
  • 以上で設定完了です。AssistiveTouchのアイコンをタップすると、すぐにスクリーンショットが撮影できます
  •  

     

    独自のジェスチャを登録する

    AssistiveTouchから実行すると特定の操作を行うよう、独自のジェスチャを作成することができます。作成したジェスチャをAssistiveTouchのメニューに割り当てれば、AssistiveTouchを呼び出したときに実行できます。
     

    ジェスチャを新規作成する

     

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • AssistiveTouchをオンにした状態で、「新規ジェスチャを作成…」をタップします
  •  

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • ジェスチャの作成画面です。画面上を軽く触れるタップ、なぞるスワイプで、記録したいジェスチャを行いましょう
  •  

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • なぞった場合は、このように軌跡が表示されます。右上の「保存」をタップすると記録したジェスチャを保存します
  •  

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • ジェスチャには名前をつけられます。ジェスチャ名を入力したら中央の「保存」をタップします
  •  

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • AssistiveTouchの設定画面に戻りました。カスタムジェスチャの項目には、作成したジェスチャが追加されています
  •  

    作成したジェスチャを割り当てる

     

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • AssistiveTouchの設定画面から、メニューのカスタマイズ画面に進みます。ジェスチャを割り当てたいアイコンをタップします
  •  

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • 選択できる機能・操作の一覧に、作成したジェスチャ名が追加されています。タップして選択し、右上の「完了」をタップします
  •  

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • 指定したアイコンにジェスチャを割り当てることができました
  •  

     

    「AssistiveTouch」を利用する

    AssistiveTouchをオンにすると、画面上に白い丸いアイコンが表示されます。これがAssistiveTouchのアイコンです。タップすると、メニューアイコン数を1個に設定している場合はすぐにその機能・操作を実行、2個~8個に設定している場合は、どの機能・操作を実行するかの選択画面が表示されます。
     

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

     

     

    ポイント:ショートカットボタンですばやく呼び出す

    AssistiveTouchのオン/オフには、設定アプリのアクセシビリティ、AssistiveTouchとたどる必要がありますが、スイッチとして利用できるホームボタンのショートカットを活用しましょう。以下の設定を行うと、ホームボタンをすばやく3回押すトリプルクリックを行ったときに、AssistiveTouchをオンまたはオフにすることができます。
     

    かんたんステップ

    4ステップ
    約5分
    • STEP1

      「設定」→「一般」

    • STEP2

      「アクセシビリティ」

    • STEP3

      「ショートカット」

    • STEP4

      「AssistiveTouch」を選択する

    1
    設定アプリから、アクセシビリティ設定を開く
    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • ホーム画面から「設定」を起動し、「一般」をタップします
  •  

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • 「アクセシビリティ」をタップします
  •  

    2
    ショートカットにAssistiveTouchを割り当てる
    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • 下へスクロールし、「ショートカット」をタップします
  •  

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • ホームボタンのトリプルクリックに機能・操作を割り当てるのが「ショートカット」です。AssistiveTouchをタップして選択したら設定完了です
  •  

  • ホームボタンをトリプルクリックすると、AssistiveTouchのアイコンがオン/オフできます
  • iPhoneの説明書 AssistiveTouch

     

    トリプルクリックの認識間隔を調整する

     
    トリプルクリックがうまくいかずダブルクリックになる場合など、クリックを認識する間隔を調整することができます。アクセシビリティの設定から、ホームボタンの設定を開きましょう。
     

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • 設定アプリからアクセシビリティの設定を開いたら、「ホームボタン」をタップします
  •  

    iPhoneの説明書 AssistiveTouch

  • クリックの間隔という項目で、ホームボタンのクリック間隔を調整できます。初期設定ではデフォルトが選択されていますが、遅く・最も遅くを選べます
  •  

     

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる