トップページ > iPhoneの使い方 > インターネット > テザリングをオンにせずインターネット共有できる「Instant Hotspot」
2017年3月1日 00時00分

読了まで 26

テザリングをオンにせずインターネット共有できる「Instant Hotspot」

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

テザリングをもっと手軽に利用したい

A.

通常テザリングを利用する際は、共有元端末で設定したパスワードを入力する必要があります。しかし、同じApple IDを設定したiOS端末、Mac同士では、このパスワード入力が不要で、インターネット共有をオンにしなくても共有できる「Instant Hotspot」機能が利用できます。
 
ただしこの機能は、利用しているキャリアによっては、利用できない、または追加料金が必要になる場合もあります。利用する前に調べておきましょう。

Instant Hotspotを利用する

かんたんステップ

4ステップ
約10分
  • STEP1

    複数端末で同じApple IDを使いサインイン

  • STEP2

    テザリング利用したい端末で「設定」

  • STEP3

    「Wi-Fi」

  • STEP4

    テザリング提供の端末名に接続

1
同じApple IDを使い、iCloudにサインインする
iPhoneの説明書 テザリング Instant Hotspot

  • 前提準備として、テザリングを提供する側の端末、テザリングを利用する側の端末それぞれで、同じApple IDを使ってiCloudにサインインしておきます
  •  

    2
    テザリング利用したい端末でWi-Fi設定を開く
    iPhoneの説明書 テザリング Instant Hotspot

  • テザリング利用したい端末で、ホーム画面から「設定」を起動し、「Wi-Fi」をタップします
  • Macの場合は、Wi-Fi設定からiPhoneネットワークを選択します
  •  

    iPhoneの説明書 テザリング Instant Hotspot

  • 一覧に「インターネット共有」の項目が追加され、テザリングを提供している端末名が表示されます。タップして接続します
  •  

    iPhoneの説明書 テザリング Instant Hotspot

  • 上部のWi-Fiの項目の下に端末名が移動しました。チェックマークが入っており、右側とステータスバーに、◯が重なったようなインターネット共有のアイコンが表示されます
  •  

     

    Twitter

    Twitter

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる