トップページ > iOS > 6月以降、iOSアプリを申請する場合「IPv6」のサポートが必須
2016年5月7日 11時45分

読了まで 148

6月以降、iOSアプリを申請する場合「IPv6」のサポートが必須

Apple ロゴ
 
開発者の方々が、アプリ開発の際に注意すべき内容をAppleが公式に発表しています。
 
今年(2016年)の6月以降、App StoreにiOSアプリの申請をする場合は、「IPv6」のサポートが必須となります。

多くのアプリは問題なしも「IPv4」を前提とした開発を行っている場合は注意

Appleは、開発者がiOSアプリをリリースする場合、App Storeへのリリース申請において複数の条件を設けていますが、今回その諸条件に「IPv6」のサポートが必須であるとの要項が加わりました。
 
「IPv6」は従来の「IPv4」におけるIPアドレスの不足を解消するためにつくられた、次世代のインターネットプロトコルです。「IPv6」と「IPv4」違いは、表すビット数、発行できるIPアドレスの個数、端末での設定方法などです。
 
NSURLSessionなどで生成された多くのアプリは今回の「IPv6」に対応しているため問題は生じませんが、「IPv4」でしか使えないAPIの導入などを検討していた開発者の方は設計の見直しが必要となります。
 
iOS9、OS X 10.11 El Capitanのベータ版ではネット接続で「IPv6」が優先となるなど、Appleは「IPv6」への本格移行を進めています。
 
また、開発者の方に関係のあるところでは、先日Apple WatchのWatch OS向けアプリのガイドラインにも変更が加えられているので、鋭意注意してく必要があります。
 
 
Source:Apple
(クロス)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる