子どもにスマホ持たせる時期、中1が最多!通信サービスはお得感重視

スマートフォンを操作する女の子

MMD研究所は、「子どものスマートフォン利用に関する調査」の結果を発表しました。子どもスマートフォンを持たせる時期として「中学1年生」が最も多く、利用を検討しているサービスは「NTTドコモ」が最多でした。子どもに持たせるスマートフォンの通信サービスの選択理由は「親と同じだとお得になるから」が最多となりました。

目次

子どもにスマホを持たせる時期「中学1年生」が26.4%で最多

MMD研究所の調査は、高校生までの子どもを持つ親6,000人を対象として、2024年6月14日〜18日の期間に実施されています。集計にあたり、回収サンプル数が高校生までの子どもがいる親の構成に合うようウエイトバック処理を行っています。

高校生までの子どもを持つ親6,000人のうち、スマートフォンを持っていない子どもが1人でもいる親は3,578人(62.6%)でした。

この中から、スマートフォンを持たせる時期を具体的に検討している1,743人に、その時期を聞いた結果、最も多かったのは「中学1年生」の26.4%で、中学校進学を機にスマートフォンを持たせることを考えている親が最も多いという結果でした。

2位は「中学卒業後」13.0%、3位は「小学6年生」11.1%でした。

MMD研究所「子どものスマートフォン利用に関する調査」

利用検討中の通信サービス「NTTドコモ」が最多

子どもにスマートフォンを持たせることを検討している親のうち、利用を検討している通信サービスがある1,757人に、検討しているサービスを聞いた結果は以下のとおりです。

最も多かったのは「NTTドコモ」で27.2%でした。2位以下は「Y!mobile」「楽天モバイル」「au」が僅差で続いています。

MMD研究所「子どものスマートフォン利用に関する調査」

通信サービス選択理由「親と同じだとお得」が35.1%で最多、楽天は「料金が安い」

検討している通信サービスを選んだ理由(複数回答可)として最も多かったのは「親が利用している通信サービスと同じにすることでオトクになるから」の35.1%でした。以下、「通信料金が安いから」が21.5%、「ポイントが貯まるから」が16.8%などと続いています。

MMD研究所「子どものスマートフォン利用に関する調査」

検討している通信サービスごとに、選んだ理由を集計すると、NTTドコモ、Y!mobile、au、ソフトバンク、UQ mobileは「親が利用している通信サービスと同じにすることでオトクになるから」が最も多く、とくにNTTドコモとauでは半数弱にのぼります。

楽天モバイルを選んだ理由として最も多かったのは「通信料金が安いから」でした。

MMD研究所「子どものスマートフォン利用に関する調査」

子どもにスマホを持たせる上での懸念点、最多は「依存症」

子供にスマートフォンを持たせる際の懸念点(複数回答可)として最も多かったのは「ネット依存症/スマホ依存症」の50.9%でした。

以下「いじめなどコミュニケーショントラブル」44.5%、「睡眠不足や生活リズムの乱れ」36.7%「犯罪トラブル」36.1%などが続いています。

健康な生活への影響や、人間関係の問題を心配する親が多いことがわかります。スマートフォン保有のコストである「通信費が高い」23.3%、「端末代が高い」21.5%、「盗難や紛失のリスク」20.5%は上位には入りませんでした。

MMD研究所「子どものスマートフォン利用に関する調査」

子どもにスマホを持たせる理由、トップは「緊急時の連絡」

子どもにスマートフォンを持たせることを検討している理由(複数回答可)として最多は「緊急時に連絡を取り合うため」の55.6%でした。

以下、「子どもの居場所を把握するため」32.8%、「子どもの友達同士のコミュニケーションのため」28.2%などが続いています。

MMD研究所「子どものスマートフォン利用に関する調査」

各社の家族割引、大手3社は多回線ならお得拡大、楽天も2月に開始

今回の調査結果は、小学生の子どもを持つ筆者にとっても興味深いものでした。ちなみに筆者は子どもにはまだスマートフォンを持たせておらず、行動範囲や人間関係が広がる中学校入学と同時期がよいかと考えていました。

親と同じキャリアを選ぶ理由として上位にあがった家族割引は、以下のように各社が提供しています。

大手3キャリアは月額1,000円程度の割引が受けられ、適用される家族が多いとメリットが感じやすくなっています。2024年2月に家族割引を開始した楽天モバイルは割引額は小さいですが、元の料金設定が安いのは魅力といえます。

  • NTTドコモ「みんなドコモ割」:1回線あたり最大1,100円/月割引
  • au「家族割プラス」:1人あたり1,100円/月割引
  • ソフトバンク「新みんな家族割」:1人あたり最大1,210円/月割引
  • UQ mobile「家族セット割」:1人あたり550円/月割引
  • Y!mobile「家族割引サービス」:2回線目以降が最大1,188円/付き割引
  • 楽天モバイル「最強家族プログラム」:1名につき月額100円割引

割引適用の条件など、詳細は各社のWebサイトでご確認ください。

Source: MMD研究所

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

特集

目次