Snapdragon 8 Gen 4はおよそ4万円〜下位モデルがGen 3継続も!?

Snapdragon 8 Gen 4 A18 Pro_1200

Androidスマートフォン向け高性能チップの次世代品となるSnapdragon 8 Gen 4について、予想される卸価格は1個240ドル(税別約38,400円)と高価なことなら、Qualcommは現時点で注文を得られていないとリーカーが伝えています。

卸価格値下げが難しい場合、iPhone14シリーズのようにベースモデルとProモデルとで搭載チップを変えるなどの差別化が、Andoroidスマートフォンでも行われるかもしれません。

目次

Snapdragon 8 Gen 3から最大20%値上げされる可能性

Snapdragon 8 Gen 4の卸価格は、発注個数にもよりますが220ドル(約35,200円)〜240ドル(約38,400円)と予想され、Snapdragon 8 Gen 3の200ドル(約32,000円)から大幅に値上げされる見通しです。

この値上げの理由は、製造委託先としてSamsungからTSMCに変更され、M4と同じ改良型3nmプロセスである「N3E」で製造されることに伴うものとのことです。

TSMCからの仕入れ価格値下げは期待できず

TSMCへの半導体製造委託を希望する企業が多いことから、Qualcommが仕入れ価格を安く保つのは困難と考えられ、最終的にSnapdragon 8 Gen 4の卸価格にそれを転嫁するしかないでしょう。

その場合、上記の予想卸価格も現実味を帯びてきます。

Galaxy S25 UltraにのみSnapdragon 8s Gen 4を搭載か

値上げされても、フラッグシップモデル、例えばGalaxy S25 UltraはSnapdragon 8 Gen 4を搭載すると予想されます。

しかし、Galaxy S25とS25 PlusはSnapdragon 8 Gen 3の動作周波数を上げるなどして継続採用するか、噂通りMediaTek Dimensity 9400を採用するなどしてSoCが占める部品単価を下げるしかない事態も考えられます。

一部不良コアがあるものをSnapdragon 8s Gen 4として供給するかも?

もっとも、Snapdragon 8 Gen を搭載するGalasy S24シリーズは人工知能(AI)関連機能を搭載済みであることから、同SoCを継続採用しても性能面で大きな不満は出ないと予想されます。

将来的に、Snapdragon 8 Gen 4のGPUやRAMの一部に不良コアがあるもの、基本の動作周波数では動かないものをSnapdragon 8s Gen 4として供給することもあるかもしれません。

Source:Wccftech

Photo:Gagadget.com

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

目次